はたらく (人生をひもとく 日本の古典 第二巻)

  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000286428

作品紹介・あらすじ

この世で生きて行くためには、誰でも自分のくらしを支える生業を身につけなければなりません。さまざまな職業があり、働くことのよろこび、かなしみがあります。赴任地から帰京し安堵する貫之、どうやっても上手く行かない時もあると語る世阿弥、何より「正直」を重んじた西鶴…。古典に描かれた「はたらく」人びとの心と姿を探ります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 海女はわかるんだが、遊女とか詐欺師って、それ職業か?
    もっと職工やら商人やら医師やらあったと思うんだが。著者たちの単なる興味で選んだような感じ。分析もゆるい。

    そもそも古典のなかの仕事観といっても、まともに汗して労働したことがない学者ふぜいが仕事を語れるわけがない。世阿弥の花伝書は人生の心構えとして読み応えあるが、別にそれは特定の職業に限ったことではない。

    商人の家には商屋家訓みたいなものがあるし、職工に関する本、例えば仏師や大工棟梁も探せばあるはずなのだが、ここでいう古典というのが、「教養ある人の読める文学」程度でしかないために選書が間違っているとしか思えない。

    読むとおもしろい記述もあるが、タイトルにかなった分析の本ではない。

  • なぜか気になるこのシリーズ。結局また読んでしまった。
    だが、この「はたらく」で編集した久保田氏も反省しているのだが、直接汗水たらした人の言葉があまりなくてそこが残念だと思うと記している。
    いつも読書するときは、付箋片手に読むのだが、一度も「貼りたいな」と思った場所はなかった。
    いささか無理に配置した場合もあるかもしれないといっているまえがきが一番面白い。
    上代文献に「はたらく」ということばの用例がないというところだ。古代の日本人が働かなかったはずはない。「もしかして、多岐にわたる労働を一括して「はたらく」と捉える考え方は、上代もかなり下るまで生じにくかったのであろうか」と「あろうか」という感じで疑問で止まっている。
    日本人にとって、古代にとって、労働とは何なのか。かなり気になることを取り上げているようにも思えるのだが。「追う」「釣る」「織る」はある。だが、
    「はたらく」がない「上代」。とても気になる……。
    あと、世阿弥の花伝の紹介部分で、世阿弥が修行しつくしてこそある「なぜかうまくいかないこと」は「うまくいかないことは仕方ない、身を任せよ」とぶっちゃけるところはリアリティがあってよかったが、これははたらくというか芸の道の話だ。
    日本人にとって「はたらく」というのは、二宮金次郎みたいなのを思い浮かべるけれども、もしかしたらなんかちょっと違うのかもしれない。いったいなんだろう。その謎を考えたくなるきっかけにはなった本だった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1933年東京生。専門は和歌文学・中世文学。文学博士。東京大学名誉教授。著書に『花のもの言う』(新潮社)、『野あるき花ものがたり』(小学館)、『歌の花、花の歌』『ことばの森-歌ことばおぼえ書』(明治書院)、『隅田川の文学』(岩波書店)、『新古今和歌集全注釈』全六巻(角川学芸出版)、『藤原定家全歌集』上下(筑摩書房)など。07年瑞宝重光賞。13年文化功労者。

「2018年 『和歌文学大系45 古今和歌六帖(上)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久保田淳の作品

ツイートする