たたかう (人生をひもとく 日本の古典 第四巻)

  • 岩波書店 (2013年9月19日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000286442

作品紹介

お互いを支え合い助け合うのが人の常ですが、生きるうえでは、さまざまな揉めごと、争いごとを避けて通ることはできません。負けるが勝ちを実践した藤原道長、殿上人のいじめに立ち向かう平忠盛、継母からの辱めに耐える小林一茶…。対決と熱狂、心中の葛藤、戦いの悲しみなど、古典のなかに描かれた「たたかう」人びとの姿を探ります。

たたかう (人生をひもとく 日本の古典 第四巻)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  たたかいがテーマなので、激しいことばかりが書かれていて面白そうだと思いきやそうではない。政治の駆け引き、和歌や能の優劣……斬り合う動きよりも内に秘めた闘争心を取り上げていることが多いように思った。そして「たたかい方」も結構書かれている。
     冒頭も、紀貫之を否定する、和歌に決して詳しくはないが革命家としての正岡子規が描かれている。
     内容は、特に藤原道長と世阿弥がいい。
     大鏡で、道長の甥である隆家が道長邸にやってくるのだが、みんな宴会がだいぶ進んでいて、酔っ払っている。で、その中の一人が、身なりをきちんとしてやってきた隆家の服のヒモをほどこうとする。すると、侮辱するにもいい加減にしろと隆家がブチ切れるのだが、道長が、「それなら私が解きましょう。まあまあまあまあ」と場を制する。力を得た者の余裕と配慮の巧さ、権力者の、場の支配の仕方、そのためにはへりくだって負けてもみせる。それが圧倒的勝利であると解説されている。
     世阿弥は、能で勝負する時のコツを教えているエピソードが取り上げられている。当時、目利きのお客さんの前で、どちらの能が良いか、バトルをしていたそうである。そんなとき、相手が手堅い、素晴らしい芸をやってきたら、こちらは、同じ方法ではなく、あえて手を抜いたりして、おちゃらけたりしてやり返せ。男時、女時というのがあって、相手が男時だと、じっと女時にして耐えて、時期をとらえろ。流れを掴んで、ごり押ししない機転が重要というのを述べる。
     MCバトルのように、能バトルというのがあったというのは知らなかったけれども、世阿弥の教訓はたいへん普遍的で、実感がある。

  • つまんなかった。途中放棄

  • 「人生をひもとく日本の古典」の第四巻。このシリーズは、人間の行為にかかわる場面や発話を日本古典から選び、解説する。本巻は戦争はもちろん男女のいさかいなど、さまざまの戦いのなかに人間の真実が剔抉される。

    熊本大学:日本文学分野 教員

全3件中 1 - 3件を表示

久保田淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
赤坂 真理
ミヒャエル・エン...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

たたかう (人生をひもとく 日本の古典 第四巻)はこんな本です

ツイートする