障屏画と狩野派 (辻惟雄集 第3巻)

著者 :
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000286534

作品紹介・あらすじ

重要作品の再発見で研究が進む障屏画の全体像をとらえ、南禅寺本坊大方丈の障壁画の様式と筆者、"聚岳第図屏風"、狩野派の誕生と興隆、永徳、等伯、探幽の作品を論じる

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『辻惟雄集 全6巻』moreinfo
    http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/028651+/top.html

    岩波書店のPR
    「相次ぐ重要作品の再発見により研究の進展がめざましい大和絵屏風、室町障屏画、桃山障屏画を扱う3論考を総論とし、南禅寺本坊大方丈障壁画の画家の問題と《聚楽第図屏風》を詳しく検討。また、狩野派誕生の社会的背景に光を当て、元信ら初期狩野派の画家たちの再評価を行い、永徳、等伯、探幽らの作品を論じる。」

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京大学名誉教授

「2018年 『History of Art in Japan』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辻惟雄の作品

障屏画と狩野派 (辻惟雄集 第3巻)を本棚に登録しているひと

ツイートする