新訳 紅楼夢 第6冊〈第81~100回〉

著者 : 曹雪芹 高鶚
制作 : 井波 陵一 
  • 岩波書店 (2014年2月26日発売)
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000286664

新訳 紅楼夢 第6冊〈第81~100回〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大観園をめぐる環境は一気に厳しく変わる。賈宝玉と林黛玉の二人は会う機会が減り、史太君、王煕鳳の策により、宝玉と薛宝釵の結婚が進められていく。黛玉はその噂を知り絶望するが病状はどんどん悪化。宝玉の結婚の瞬間に生命を失う黛玉の悲劇の最期はドラマティック。侍女の紫鵑そして、駆けつけた探春と李紈だけに見守られて・・・。椿姫の最期に似ている。妙玉と宝玉が黛玉の琴の音と憂いに満ちた詩を吟じる声に静かに耳を傾ける情景が悲しく美しい。悲劇へ向けた序奏である。(87回)宝釵の賢女ぶりが健気で可愛く、それだけに彼女にも悲劇を感じる。薛宝釵の兄・薛藩の殺人事件を巡る裁判の場面を通して250年前の中国の法治国家ぶりが意外と進歩していたことは驚きだった。そしてしっかり者の妹・探春もまた結婚のために去ることが決まり、寂しさが募る。

  • 6巻からは補作者によるものだが、物語はここがクライマックス。物語の運びがやや先を急ぎすぎる感はあるが、5巻までの長い読書で、頭はすでに紅楼夢の物語世界に入り込んでいるので、むしろそれくらいのテンポの方が小気味よい。ヒロインの死はあっけなく、周りの反応もややそっけないが、それがかえって胸にしみる。

全2件中 1 - 2件を表示

曹雪芹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

新訳 紅楼夢 第6冊〈第81~100回〉を本棚に登録しているひと

ツイートする