エーコの読みと深読み (岩波人文書セレクション)

制作 : ステファン・コリーニ  柳谷 啓子  具島 靖 
  • 岩波書店
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000286756

作品紹介・あらすじ

テクストにのめりこむほどに陥りがちな解釈の迷路。エーコが数々の古典や『薔薇の名前』『フーコーの振り子』の誤読を例にリチャード・ローティ、ジョナサン・カラーらと渡り合った連続講義録。ユーモアたっぷりの読みのススメと深読みの戒め。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 祝復刊!

    岩波書店のPR
    「テクストにのめりこむほどに陥りがちな解釈の迷路。エーコが数々の古典や『薔薇の名前』『フーコーの振り子』の誤読を例にローティ、カラーらと渡り合った1990年の連続講義録。ユーモアたっぷりの読みのススメと深読みの戒め。」

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ウンベルト・エーコ(Umberto Eco)
1932年1月5日 - 2016年2月19日
イタリアの作家・評論家・研究者。イタリア共和国功労勲章受章者。
1980年に小説『薔薇の名前』(lI nome della rosa)を刊行。それまでの中世美学や記号論の知見や研究成果をふんだんに用いて、フィクションの記号論的分析、聖書分析、中世思想研究、文学理論などを盛り込んだミステリー作として全世界でヒットし、映画化もされた。その他の小説作として『フーコーの振り子』(Il pendolo di Foucault)、『前日島』(L'isola del giorno prima)、『プラハの墓地』(Il cimitero di Praga)、『バウドリーノ』(Baudolino)など。
本来の出自である美学者・記号論学者としても、『中世美学史』『記号論』『ウンベルト・エーコの文体練習』など、世に知られた作品は数多い。

ウンベルト・エーコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルートウィヒ・ウ...
伊藤 計劃
ウンベルト エー...
三浦 しをん
ロラン・バルト
ミシェル ウエル...
ウンベルト・エー...
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする