水俣から福島へ――公害の経験を共有する (シリーズ ここで生きる)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000287265

作品紹介・あらすじ

原爆、水俣病、ビキニ、ヒ素ミルク、そして原発事故-これ以上、人を切り捨て続けると、この国には完全な破局が訪れる。闘う小児科医、渾身の警告。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00530544

  • 2016年1月新着

  • 2015年4月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
    通常の配架場所: 開架図書(3階)
    請求記号: 498.48//Y19

  • 今はうまく入ってこない。私の方が何か違うんだと思う。

  • 「国により切り捨てられようとする人たちとともに歩み」
    この国は弱者を人間扱いしない。

    岩波書店のPR
    https://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?head=y&isbn=ISBN4-00-028726
    シリーズ ここで生きる
    https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/4/028721+.html#SERIES

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

八王子中央診療所所長。小児科医。その豪快な笑い声と、親しみやすい人柄から、通称は「ワハハ先生」。「障害児を普通学校へ全国連絡会」世話人。「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」(小社刊)編集代表。「はじめてであう小児科の本」(福音館書店)、「育育児典」(共著・岩波書店)、「子育て・楽天主義」(講談社)など、著書多数。

「2011年 『インフルエンザパニックが教えてくれたこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田真の作品

水俣から福島へ――公害の経験を共有する (シリーズ ここで生きる)を本棚に登録しているひと

ツイートする