沖縄が問う日本の安全保障 (シリーズ 日本の安全保障 第4巻)

  • 15人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 阿部 浩己  島袋 純 
  • 岩波書店 (2015年4月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000287548

作品紹介

日米安全保障体制も、日本国憲法の平和主義も、沖縄に対する極端な負担の強要によって成り立ってきた。しかし、「沖縄の安全保障」を無視した「日本の安全保障」は、実は脆弱なものなのではないか。本巻では沖縄を基軸に据え、その歴史、平和憲法との関係、基地をめぐる諸問題、アメリカ政治や国際法との関係、沖縄の自律構想などを分析することで、人間本位の安全保障を実現するための視座を提供する。

沖縄が問う日本の安全保障 (シリーズ 日本の安全保障 第4巻)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号: 319.8/Shi/4
    資料 I D : 50079505
    配架場所: 図書館1階西 学生選書コーナー

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:319.8//E59//4

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
石原 慎太郎
田中正人
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

沖縄が問う日本の安全保障 (シリーズ 日本の安全保障 第4巻)はこんな本です

ツイートする