スターリニズムの経験――市民の手紙・日記・回想録から (岩波現代全書)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松井康浩
  • 岩波書店 (2014年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000291248

スターリニズムの経験――市民の手紙・日記・回想録から (岩波現代全書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • プロト公共圏(公開はされていないが、公共圏に準じる議論の場)というモデルを設定して、スターリニズムに対して市民(≒知識人)が示した割とユニークな反応を読みときます。日記、交換日記といったツールを通じて人々が自己形成をしていくさまが興味深いです。

  • 民衆アーカイブというのがあるようです。
    共産体制時の民衆の日常が日記として残された。
    この体制の中で、人々はどのように感じ、行動したかということが研究できるようです。
    それにしても膨大な資料でしょうね。今でいえば、ビッグテータでしょうか。その中から見えてくるものがあるのでしょう。
    この書籍に関しては、強烈なインパクトは感じませんでした。まだまだ導入部という感じです。

全2件中 1 - 2件を表示

松井康浩の作品

スターリニズムの経験――市民の手紙・日記・回想録から (岩波現代全書)はこんな本です

スターリニズムの経験――市民の手紙・日記・回想録から (岩波現代全書)を本棚に登録しているひと

ツイートする