9・11以後のイスラーム政治 (岩波現代全書)

著者 : 小杉泰
  • 岩波書店 (2014年6月19日発売)
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000291347

作品紹介・あらすじ

パレスチナ問題、民主化運動のゆくえ、アフガニスタン、イラク、シリアの不安定化など、イスラーム世界はますます混迷の度を深め、政治としてのイスラームが現代世界にラディカルな問いを発している。従来の近代化論や共存論だけでは解決できないイスラーム世界の問題を、宗教と政治の接点からわかりやすく解き、21世紀の国際社会の中でのイスラームの意味を考察する。

9・11以後のイスラーム政治 (岩波現代全書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宗教が国際政治に復活することで今日の国際関係はいっそう複雑さを増している。その一方で国際関係において主権国家が大きな役割を果たし続けていることも事実である。特に軍事が関わると国家の役割が決定的となる。そうでないのはアルカイダのような究極の武装NGOであり、不定形な宗教と国家システムの間で9・11事件以降の国際関係は大きくきしんできた。宗教をアクターとしてうまく取り込む国際関係はまだできていないし、それを理論家する国際関係学の試みも緒についた段階で、きしみや摩擦は続いていく。

  • 資料ID:98150057
    請求記号:312.27||K
    配置場所:工枚普通図書

  • イスラム関連、中東情勢などのニュースを見ているだけでは、誰がどのような背景であるとか、なかなか理解できないし、理解できないから、紛争の中身もわからない。
    この本で中東での政治背景がとてもよくわかった。
    でも、そこに住むひとりひとりのことを思うとつらいものがある。
    紛争の中で、憎しみや恨みを感じながらの生涯を終えなければならないほど日常化し長期化している。

  • 非常に勉強になった。
    今年一番の本である。

    様々な組織の成り立ちがストーリーとしてざっくりと整理できる。現代史が中心で、それ以前は必要最小限のため理解しやすい。

    中東を巡る政治状況に解はないということがよくわかる。

    イスラムの思想的な部分は難解でよくわからなかったが、それを差し引いても現代のニュースの理解が深まった。

    まとまったストーリーを頭に入れることで他のことも理解しやすくなるという意味で、本を読む意義を再確認した。

全4件中 1 - 4件を表示

小杉泰の作品

9・11以後のイスラーム政治 (岩波現代全書)はこんな本です

ツイートする