地球科学の開拓者たち――幕末から東日本大震災まで (岩波現代全書)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000291538

作品紹介・あらすじ

地球科学とは地球を対象とする学問分野の総称であり、地質学・地球物理学・地球化学の三本柱からなる。日本における地球科学の誕生は幕末まで遡る。榎本武揚は幕末に地質調査ができた稀有の人物であり、知られざる地質学勃興の祖であった。その後、明治・大正時代の濃尾大地震、関東大震災の惨禍を超えて地質学と地震学が興り、さらに地球の謎を深く究めた充実期、プレートテクトニクス誕生を経て地球惑星科学に発展する。幕末から現在までの一五〇年の発展史を、東日本大震災後のいま、改めて振り返る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:450.2||S
    資料ID:95150957

  • 地球科学者列伝…といった感じでしょうか、面白かったです。

  • 門外漢ということで、読むのがたいへんでした。
    「開拓者たち」ということなので、ひとりひとりの人物像は特に興味を引きませんでした。

全4件中 1 - 4件を表示

諏訪兼位の作品

ツイートする