歴史問題ハンドブック (岩波現代全書)

制作 : 東郷 和彦  波多野 澄雄 
  • 岩波書店
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000291651

作品紹介・あらすじ

戦後七〇年が経過するにもかかわらず、いっこうに収まる気配のない歴史問題。外交問題にとどまらずに、民間訴訟や反日デモなど、いっそう拡大し再燃しつつある。「靖国神社公式参拝」「従軍慰安婦」「南京虐殺事件」など、さまざまな四〇余りのトピックについて、史実、これまでの経緯、解決のための道筋を示す、簡にして要を得た手引き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 編者:東郷和彦 |波多野澄雄
    執筆者:
    石井 明(いしい あきら)
    市場淳子(いちば じゅんこ)
    王 雪萍(おう せつへい)
    笠原十九司(かさはら とくし)
    加藤哲郎(かとう てつろう)
    倉沢愛子(くらさわ あいこ)
    小菅信子(こすげ のぶこ)
    高木健一(たかぎ けんいち)
    高嶋伸欣(たかしま のぶよし)
    田中 宏(たなか ひろし)
    戸谷由麻(とたに ゆま)
    外村 大(とのむら まさる)
    富田 武(とみた たけし)
    中野 聡(なかの さとし)
    中原道子(なかはら みちこ)
    長谷川毅(はせがわ つよし)
    浜井和史(はまい かずふみ)
    日暮吉延(ひぐらし よしのぶ)
    保阪正康(ほさか まさやす)
    前田哲男(まえだ てつお)
    松村高夫(まつむら たかお)
    光信一宏(みつのぶ かずひろ)
    吉澤文寿(よしざわ ふみとし)
    ロー・ダニエル(Roh Daniel)
    和田春樹(わだ はるき)

    【書誌情報+内容紹介】
    価格:本体2,400円+税
    通し番号:65
    刊行日:2015/06/18
    9784000291651
    四六 並製 カバー 294ページ

     戦後70年が経過するにもかかわらずいっこうに収まる気配のない歴史問題.外交問題に収まらずに,民間訴訟や反日デモなど,いっそう拡大し再燃しつつある.「靖国神社公式参拝」「従軍慰安婦」「南京虐殺事件」など,さまざまな40余りのトピックについて,史実,これまでの経緯,解決のための道筋を示す,簡にして要を得た手引き.

    ■編集部からのメッセージ
     戦後70年.日本には様ざまな歴史問題が亡霊のように憑きまとっています.歳月は忌まわしい過去の記憶を洗い流してはくれないどころか,歴史の当事者からすれば次の次の世代になって,ますます苛烈な詰問が日本と日本人に突きつけられているような印象さえあります.
     戦後日本の歴史清算の取り組みが不十分だったことによるものでしょう.何とか歴史問題を決着させて,和解の秋を迎え,未来志向で,国を超えていまある諸問題に共同して取り組んでいきたいものです.
     その思いを込めて,歴史問題小事典を作りました.外交官として歴史問題に取り組んでこられた東郷氏と,歴史家として歴史事実を解明してこられた波多野氏がタッグを組んで,各問題ごとに学界で最適任の研究者に執筆をお願いすることができたと思います. 国民必携の手引きとして,末永く活用していただきたいと思います.
    (馬場公彦)
    https://www.iwanami.co.jp/book/b223935.html

    【断片な目次】
    総説 戦争責任・戦後責任・歴史問題

    1 戦争・植民地支配と責任
    東京裁判
    日本政府の歴史認識問題
    植民地支配―朝鮮・台湾を中心に
    靖国神社公式参拝
    従軍慰安婦
    ほか

    2 加害・被害と補償
    原爆と終戦
    日米終戦―天皇の地位と日米関係
    昭和天皇の戦争責任
    米国の占領政策―検閲と宣伝
    強制連行・強制労働 ほか

  • 重慶大爆撃、華僑粛清、ペスト菌(蚤)をばらまいて数千人を殺害・・・・。
    知らないことが多い。被害者意識ばかりでなく、加害者意識も我々は養わないといけませんね。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする