ヴァイマル憲法とヒトラー――戦後民主主義からファシズムへ (岩波現代全書)

著者 : 池田浩士
  • 岩波書店 (2015年6月19日発売)
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000291682

作品紹介

第一次世界大戦後の戦後民主主義を体現するヴァイマル憲法下で、ヒトラーは人心を掌握し、合法的に荒権を獲得した。ドイツ国民を魅了したナチズムの本質を抉り出し、新たなファシズムの到来に警鐘を鳴らす。

ヴァイマル憲法とヒトラー――戦後民主主義からファシズムへ (岩波現代全書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自らのアタマで・・・というのはよくわかる。
    でも、死の恐怖を背景にして自分の思考が優先できるだろうか。エホバの証人信者を良いように言われているが、この信者は別の意味で思考停止しているだけですからね。
    問題は思考停止ではなく、思考停止した方が生きやすい環境に自分がいるかどうかですね。

全2件中 1 - 2件を表示

池田浩士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンソニー・B・...
トマ・ピケティ
田中正人
ジャレド・ダイア...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴァイマル憲法とヒトラー――戦後民主主義からファシズムへ (岩波現代全書)はこんな本です

ツイートする