クロニクル 日本の原子力時代 1945~2015年 (岩波現代全書)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000291705

作品紹介・あらすじ

原子爆弾による被ばくから七〇年を経過した今日、私たちは広島・長崎やビキニでの被ばくと福島の原発事故とをつないで考え、改めて「脱原子力」に向けて歩み出さねばならない。そのためには、これまで日本がとってきた原子力政策が問い直される必要がある。本書は、戦後日本の原子力政策を見直し、それが依拠してきた「安心・安全」と「平和利用」という二つの虚構がどのようにして維持されてきたのかを、政治や学界の動き、国内外の事件・事故などに焦点を合わせ一年ごとのトピックで綴る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 539.021||Ts

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京都立大学卒業、長崎大学教授を経て現在は神奈川大学名誉教授。

「2015年 『3.11が破壊したふたつの神話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

常石敬一の作品

クロニクル 日本の原子力時代 1945~2015年 (岩波現代全書)を本棚に登録しているひと

ツイートする