無差別テロ――国際社会はどう対処すればよいか (岩波現代全書)

著者 : 金惠京
  • 岩波書店 (2016年1月20日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000291828

作品紹介

9・11同時多発テロ以降、ISのパリ同時多発テロにいたるまで、テロは身近に迫る危機となり、非人道性・無差別性があらわになってきている。テロの脅威は、東アジアや日本でも例外ではない。テロによる市民への暴行を止めるとしながら、人権や主権を侵害する傾向が強まり、暴力の連鎖が止まらない。無差別テロは世界をどう変えたのか、被害者への補償はどうあるべきなのか、国際社会はどう取り組めばいいのか。国際社会の半世紀にわたる努力を振りかえり、国際法学の立場からテロを定義し対策を提言する。

無差別テロ――国際社会はどう対処すればよいか (岩波現代全書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:316.4||K
    資料ID:95170723

全1件中 1 - 1件を表示

金惠京の作品

無差別テロ――国際社会はどう対処すればよいか (岩波現代全書)はこんな本です

ツイートする