「正しい」を分析する (岩波現代全書)

著者 :
  • 岩波書店
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000291958

作品紹介・あらすじ

わたしたちの日常を支えるもっとも基礎的な概念「正しい」を、理屈にこだわって丁寧に分析してみたらどうなるか。「考える」こと以外には予備知識はまったく不要(多少の忍耐力は必要)。カリフォルニアの分析哲学者ヤギサワ先生が誰にでもわかるようにかみ砕いて考える。クリアな思考を求めるすべての人びとのための哲学入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書の目的は自明でない結論を出すことではなく、自明だろうが自明でなかろうが、何らかの結論に到達するまでの概念分析・哲学議論を緻密にすすめるということだからである。(八木沢敬)

  • 各章のテーマは身近なものですが、なかなかに哲学的で初心者なわたしには難しかったです (^^;

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1953年生まれ。Ph.D.哲学、プリンストン大学、1981年。現在、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校人文学部哲学科教授。専攻は、分析哲学、形而上学、言語哲学。著書に『世界と個体、可能と不可能』(英語)オックスフォード大学出版局、2010年。英米圏で活躍する分析哲学者だが、日本語の著書に『分析哲学入門』『意味・真理・存在』『神から可能世界へ』(以上、講談社 選書メチエ、「分析哲学入門」初級、中級、上級三部作)がある。

八木沢敬の作品

ツイートする