カント哲学の奇妙な歪み――『純粋理性批判』を読む (岩波現代全書)

著者 : 冨田恭彦
  • 岩波書店 (2017年1月20日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000291989

作品紹介

近代哲学はカントの認識論で素朴な経験主義を脱し、自然科学から自立したという理解は本当だろうか?哲学史的事情を踏まえるなら、カントの哲学は自然科学を形而上学によって基礎づけたのではなく、自然科学を基盤としてそれに形而上学の装いを与えたのではなかったか。自然主義と全体論の視点から近世哲学史を再検討する。

カント哲学の奇妙な歪み――『純粋理性批判』を読む (岩波現代全書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書は、デカルトから始まった「観念」の近代的用法が持つ、自然主義的論理が、カントにおいてどのような歪みを生じることとなったかに焦点を当て、カントを取り巻く歴史的諸事情との関係において、その実際を示そうとするものである。
    その結果明らかになるのは、反自然主義的基礎づけ主義の立場が結局はそれ自身自然主義的枠組みの中で構築されるという、逆説的論理である。別の言い方をすれば、西洋近代の観念説のカント的変容は、われわれがその内で生きている「全体論」的論理、「解釈学的循環」構造に対し、その論理や構造を踏み台として用いながらその土台を掘り崩そうとする、逆説的な試みであったということである。

全1件中 1 - 1件を表示

冨田恭彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ドー...
ウィトゲンシュタ...
ジョルジョ・アガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

カント哲学の奇妙な歪み――『純粋理性批判』を読む (岩波現代全書)はこんな本です

カント哲学の奇妙な歪み――『純粋理性批判』を読む (岩波現代全書)を本棚に登録しているひと

ツイートする