中国政治からみた日中関係 (岩波現代全書)

著者 :
  • 岩波書店
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000292016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  王道の中国政治・日中関係(史)という感じである。前半で鄧小平時代以降の中国政治、後半で1970年代以降の日中関係を時代ごとに見て行き、終章で両者を合わせて総括している。
     90年代半ば以降の日中関係の摩擦の繰り返しは、冷戦構造や戦争世代に支えられた「七二年体制」の構造変容のため、という筆者の指摘と類似の内容は毛里和子『日中漂流』にもあった。筆者はそれに加えて中国政治における党内権力バランス、特に江沢民派の存在を挙げている。「反日」は江沢民個人の日本の好き嫌いを越えて、胡錦濤時代になってからは主流派を攻撃する材料にもなり、更には改革を否定し既得権益層全体の体制維持のイデオロギーにもなったというのである。
     今や日本から中国を見る上では、米、南北朝鮮、更には世界の中での中国の存在感の変化、と多くの要素があるだろう。しかしそれらを全て網羅するとなると一冊どころかシリーズ刊行が必要なほどである。本書ではあくまで中国国内政治と日中二国間関係に絞ってはいるが、それだけに王道というか原点に立ち戻ることができる。
     なお、序章での日本の中国地域研究を巡る状況も面白かった。日本では米国に比べて理論より実証重視、比較政治学より国際関係論に親和性を持つ、とのこと。しかし筆者は、実証主義の良さを認めつつも理論化に向けた志向や、英語力を持ち世界に発信することなどを課題として挙げている。

  • 312.22||Ko

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

国分 良成
防衛大学校長・慶應義塾大学法学部客員教授。1953年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)。主要業績:『現代中国の政治と官僚制』(慶應義塾大学出版会、2004年、サントリー学芸賞受賞)、『中国的問題群 1 党と国家―政治体制の軌跡』(共著、岩波書店、2009年)、ほか。

国分良成の作品

ツイートする