インドの科学者 頭脳大国への道 (岩波科学ライブラリー)

著者 : 三上喜貴
  • 岩波書店 (2009年10月10日発売)
3.67
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000295635

インドの科学者 頭脳大国への道 (岩波科学ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 遠くて遠い国、インド。カレーと、最近のレイプ事件くらいしか知らない。興味はずっと持っていたが、どこから手を付けていいかわからない。で、本書を見かけたので手にとってみた。
    著名なインド人科学者10数名の来歴をさらっとまとめたもの。一人ひとりは短くて印象には残らないが、ほとんどの人が留学を経て頭角を表している。かつて植民地だったインドの宿命かとも思うし、日本も植民地でこそなかったが、西欧科学を取り入れて発展してきたところはあまり変わらない、とも思う。独立し、自分でいろいろやり始めたあとが勝負だな。
    13億人も人がいるということは、並外れた天才もいるんだろうな。

  • 「インド人は掛け算などの計算が得意だから世界に冠たるIT大国になったというのは完全に誤りで、照明問題などに要求される筋道を立てる力こそがインドのITの発展に深く関わっている」(芳沢光雄)

    「書物の中の知識は他人のポケットにあるお金と同じだ。必要なときに用立てることが出来ない」(サンスクリット)

    そしてネルーのイニシアティブのもとIITが創設される

    「日本では向上の建設が進み、近代的な陸海軍が創設された。多くの留学生が欧米に派遣された。彼らはインド人のように弁護士になるためにいったのではなく、科学者や技術者になるために留学したのだ」(ネルー)

    インド理科大学がバンガロールにできたのが1911年で、金だしたのがタタ財閥の創設者とか。。。

  • ラマンは、アジア初のノーベル賞受賞者とのこと。
    タタ基礎研究所、サンスクリット文法、数学など、インドの技術の源泉を見ることができる。
    やや、分量が少なく、参考文献も一覧になっていないのが悲しい。

  • ネルーは明治維新後の日本の近代化をインドと比してこう書いている。
    「日本では、工場の建設が進み、近代的な陸軍と海軍が創設された。彼らは欧米に人材を派遣した。彼らは弁護士になるために留学したのではなく科学者や技術者になるために留学したのだ」
    ネルーがIITの設立に邁進したのがよくわかる。
    戦後、インド人はイギリスではなくアメリカに留学するようになった。

全4件中 1 - 4件を表示

三上喜貴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
寄藤 文平
有効な右矢印 無効な右矢印

インドの科学者 頭脳大国への道 (岩波科学ライブラリー)はこんな本です

ツイートする