笑い脳――社会脳へのアプローチ (岩波科学ライブラリー)

著者 : 苧阪直行
  • 岩波書店 (2010年1月29日発売)
3.18
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :56
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000295666

作品紹介

人はなぜ笑うのか?笑いは本当に健康によいのか?ジョークで笑うにはオチが必要?「ゲラゲラ」と聞くだけで脳は活性化する?「ゲラゲラ笑い」と「微笑」に隠された違いとは?豊富な実験事例から、謎に満ちた笑いのしくみを解き明かす。コミュニケーション手段としての笑いを切り口に、話題の「社会脳」研究の新しい扉を開く。

笑い脳――社会脳へのアプローチ (岩波科学ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーん、なんちゅうか、漠然とした感想なのだがもうちょっと踏み込んでほしかった感じ。せっかく面白そうなテーマなのに、ちょっと頭に残りにくい。

  • k

  • 2014以降

  • 三葛館一般 141.6||OS
    みなさんは、笑ってらっしゃいますか?日常生活において、意識して笑うというのは大人になればなるほど難しいことなのかもしれないですね。
    本書では、健康やコミュニケーションに良いとされている「笑い」を、実験を通して科学的に検証しています。
    ジョークで笑うにはオチが必要なのか?「微笑」と「ゲラゲラ笑い」の違いとは?
    切り口は科学ですが、これを読めば昔から人々を魅了し、癒してきた「笑い」の力に改めて驚かされます
                                  (うめ)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=57104

  • 笑いについて、脳科学と人文社会学(心理学)の視点から分析している。
    笑い、が起こるのには様々な脳内の部分が働いており、驚きだった。
    また、笑いは空気を吐いたり吸ったりする相互作用から生まれる。この事から横隔膜が笑いの生みの親であり、笑いは言語の原初である、といった説もあることをしり、とても興味深い内容であった。

  • 笑いをワーキングメモリーの点から見ていて面白い。オチで笑うには、それまでの話の内容を一時的に記憶してなきゃいけないっていう話。

    後、笑いは予想をして、その予想が裏切られたとき、かつ、裏切りにルールがある場合に落ちになるという説明になるほど。。。と。

  • 笑いを脳の研究とリンクさせようとしている人がいる。脳から考えると、笑いって相当レベルの高い話のようだ。

  • 「笑い」とは何か: 笑いは「期待とのズレ」から生まれる。(予定”不”調和のおもしろさ? )
    くすぐり実験、文化差と年齢差、古代ギリシャの笑いと文化、ユーモアと健康、笑いは痛みの特効薬か?、教育と記憶力への影響、ワーキングメモリとオチ、オチを理解するには、ジョークとオチのプロセスーサルスの実験、シャーミとスタースの実験、「期待」と「予測」、期待とプライミング効果、脳からみたタイトルの役割、笑いの理論、寺田寅彦の「理由なき笑い」、ジェームス・ランゲ説、
    笑いと報酬系: オチやズレの理解がワーキングメモリとかかわる。その理解による笑いは報酬期待とむすびつく。自己報酬系.....
    笑いと脳の基礎、情動・知性とかかわる脳、脳の視覚システム、自己報酬系とは何か、自己報酬系の発見、笑えないfMRI、「ゲラゲラ」で脳も笑うのか?、マンガによるモップスたちの実験、ゴエルとドーランの実験、笑いと自己報酬系、病的笑いと脳のはたらき、
    社会脳へのアプローチ: 理系の「生物脳」研究と文系の「社会脳」研究.....
    社会脳とは何か、社会脳研究の動向、社会脳研究の誕生、笑いと微笑と、日本人の微笑み、笑いの伝播、「生物脳」から「社会脳」へ、笑い脳から見えてくること、
    コラム: 呼吸と神様、関西笑い学会、擬音語と擬態語、

  • 実験から導き出された笑いから社会脳へのアプローチが順路だててかかれていて笑いというものの考察がわかりやすかった。実験の引用が参考になった。

  • ①概要

    笑いの構造を科学的に。

全13件中 1 - 10件を表示

苧阪直行の作品

笑い脳――社会脳へのアプローチ (岩波科学ライブラリー)はこんな本です

笑い脳――社会脳へのアプローチ (岩波科学ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする