さえずり言語起源論――新版 小鳥の歌からヒトの言葉へ (岩波科学ライブラリー)

著者 : 岡ノ谷一夫
  • 岩波書店 (2010年11月26日発売)
3.64
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 83人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000295765

さえずり言語起源論――新版 小鳥の歌からヒトの言葉へ (岩波科学ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784000295765

  • 鳥はどうやって歌を習得するのか、そもそもなぜ歌うのか、種によって異なる鳥の歌はどうやって生まれてきたのか、という研究。
    そして、人間の言語も起源も、鳥のようなさえずりだったのではないか、というのが著者の主張。その部分に関してはあまり説得力がないけれど。

  • 「ことば」の誕生を、「歌」に求めるなんて、なんとも面白い仮説じゃないですか。

  • へー,そうなんだ。

    2012/01/21図書館から借用; 01/29に一日で読み終わり

  • 十姉妹のさえずりの研究から、人間の言語の始まりは歌だったというさえずり言語起源論につないでいくのだが、残念ながらそこの飛躍が理解できない。これは別な本に期待。
    でも、ジュウシマツでの研究、そこに関わる学生たちの活躍は読み物としても十分に楽しい。

  • 読みやすくて、1時間半ぐらいでさくっと読み終わりました。
    研究の裏話的な内容も書かれていて、面白かったです。

  • 和図書 408/I95/176
    資料ID 20101032950

全9件中 1 - 9件を表示

さえずり言語起源論――新版 小鳥の歌からヒトの言葉へ (岩波科学ライブラリー)のその他の作品

岡ノ谷一夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
アゴタ クリスト...
ミヒャエル・エン...
J.L. ボルヘ...
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

さえずり言語起源論――新版 小鳥の歌からヒトの言葉へ (岩波科学ライブラリー)はこんな本です

さえずり言語起源論――新版 小鳥の歌からヒトの言葉へ (岩波科学ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする