光を止められるか――アインシュタインが挑んだこと (岩波科学ライブラリー)

著者 : 米谷民明
  • 岩波書店 (2011年1月27日発売)
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 28人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000295789

作品紹介

どんなに速く動くものでもそれと同じ速度で追いかければあたかも止まっているかのように見える。はたして光はどうなるのか。このアインシュタインの少年時代の疑問はのちに相対性理論という物理学革命をもたらした。物理的に考えるとは何かをていねいに説明しながら、この理論の本質を解き明かし、一般相対性理論への発展の道筋を示す。

光を止められるか――アインシュタインが挑んだこと (岩波科学ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 計算式などで解説されてる所もあり理系にはまだ読みやすいと思いますが、そこをとばしてもあまり物理をやってこなかった人には難解な内容かもしれません。

  • 光と同じ速さで光を横から見ると光は止まっているように見えるのか。アインシュタインの相対性理論を分かりやすく例を混じえて解説する。

    http://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=240016

  • 縦書きが、読み難い。横書きだったら良かった。

  • 16歳のアインシャタインンは「もし光を光と同じ早さで追っかけたらどう見えるのだろうか」という疑問をもち、26歳の時その答えとも言える相対性理論を発表している。
    この本は、その疑問からどのようにして相対性理論を考えついたかということを分かり易く説明してくれる本である。分かり易く説明してくれてはいるがやはり相当難解なのは当然であろう。

  • 和図書 408/I95/178
    資料ID 2010104619

  • 新聞広告の文によると

    「のちに物理学革命をもたらしたアインシュタイン少年の疑問の本質をかみくだいて紹介し、相対性理論の進化の道筋を示す。」

全6件中 1 - 6件を表示

米谷民明の作品

光を止められるか――アインシュタインが挑んだこと (岩波科学ライブラリー)はこんな本です

ツイートする