惑星気象学入門――金星に吹く風の謎 (岩波科学ライブラリー)

著者 :
  • 岩波書店
3.75
  • (0)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000295833

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 研究者本。金星を中心に、地球、火星、木星の気象について解説したもの。生じている風や温度の現象が、それぞれ、太陽からの光エネルギー、雲や大気組成、自転の影響などから、現実とマッチするモデルを作り上げて検証してゆく。遠い星のわずかな観測データから理論を組み立てていくのはとても面白そうだが、入門だけあって、その過程は紹介されておらず結果を示すだけであった。同著者による、タイトルに「入門」が付かない本もあるそうだ。

  • k

  • 金星探査機「あかつき」の軌道投入成功を受けて、興味を持ち読むまでに至った。内容としては難解な部分もあったが、丁寧な説明、図のおかげで理解することができた。 少し難しいところがあるとはいえ、惑星気象学の入門書として丁度よいのではないかと思う。

  • 太陽系の惑星のイメージが自分なりに築くことができた。難解だけど、丁寧に論じられているので、何とか最後まで読むことができた。
    将来、気象予報士試験を受けたい身として、興味深く読み終えた。

  • 配架場所 / 一般図書
    請求記号 / 445@M100@1
    Book ID / 80100436706

  • 惑星気象学の入門書的新刊。

  • 和図書 408/I95/183
    資料ID 2011101882

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

松田 佳久
松田佳久:東京学芸大学教育学部教授

「2014年 『気象学入門 基礎理論から惑星気象まで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松田佳久の作品

ツイートする