太古からの9+2構造――繊毛のふしぎ (岩波科学ライブラリー)

  • 29人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 神谷律
  • 岩波書店 (2012年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000295895

作品紹介

体には無数の毛がある。心臓、肝臓、腎臓から脳まで繊毛という毛が生えている。生命の始まりからあらゆる生き物が受けついできたなくてはならない毛だ。しかも、どの毛も9本の管からできている。その謎解きについて書かれた初めての本。

太古からの9+2構造――繊毛のふしぎ (岩波科学ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 繊毛が脳髄液の流れをつくったり、センサーの役割をしているとはびっくり。
    細胞のなかでも、未知の多い小器官だと言うことがわかった。読み応えあり!

  •  これは、私たちの身体の中で「ものすごく重要なはたらき」をしている短い毛についての、発見の歴史をまとめたものです。1950年頃、電子顕微鏡による観察で発見された「9+2構造」をもつ「繊毛」は、多くの生物学者を魅了してきました。なぜ「九回回転対称の配列」なのか、どんな進化を経てあらゆる真核生物が繊毛をもつようになったのか、どのような仕組みで一定の長さに保っているのかなど、未だ解かれていない基礎生物学の課題を、繊毛はたくさん秘めています。また繊毛の機能が明らかにされていくにつれ、繊毛と疾病の関係性も分かってきました。たった百ページちょっとの中に、基礎から応用まで細胞生物学の魅力がぎっしり詰まった一冊です。2012年に発行された本なので、最近10年間で明らかにされてきた最新の知見も多く紹介されています。
    (2013 ラーニング・アドバイザー/生命 AKIYAMA)

    ▼筑波大学附属図書館の所蔵情報はこちら
    http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1443992&lang=ja&charset=utf8

  • 全ての繊毛、鞭毛、毛、すべて2本の管とその周りの9本の管からできている、という自然の不思議。そこから見えてくる摂理がおもしろい。

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 463@K102@1
    Book ID : 80100441947

  • 和図書 408/I95/189
    資料ID 2011105357

全5件中 1 - 5件を表示

神谷律の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

太古からの9+2構造――繊毛のふしぎ (岩波科学ライブラリー)はこんな本です

ツイートする