受験算数――難問の四千年をたどる (岩波科学ライブラリー)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000295901

作品紹介・あらすじ

鶴亀算、植木算、旅人算…試験が終わったら二度と出会わないような受験算数の難問はいったいいつ頃生まれたのだろうか。歴史をさかのぼると、人間は四千年も前からこうした問題に悩まされてきた。古代のエジプト人もあてずっぽうで問題を解き、ニュートンが考えた「ニュートン算」は、明治の数学者が「最モタチノ悪イ」と罵倒したほどの難問だった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:410.2||T
    資料ID:95120535

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 410@T101@1
    Book ID : 80100445527

  • 和図書 408/I95/190
    資料ID 2012100683

  • 【新刊情報】受験算数 410.2/タ http://tinyurl.com/6uxzrys 鶴亀算、植木算、旅人算…。試験が終わったら二度と出会わないような受験算数の難問はいったいいつ頃生まれたのか。人間が何千年も悩まされてきた受験算数の起源に迫る。 #安城

  •  日本が誇る世界文化遺産という説もある「受験算数」の歴史を,
    古代エジプトにまでさかのぼってさぐります。
    点(文献)を線(論理)でつないで面(時代)を描きました。
     出題ミスではないかとネットで話題になった2011年の開成中学の入試問題も取り上げました。
    ネッツ関東 高橋 誠(ライター/算数教育史家)

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

創造開発研究所代表

「2015年 『最新のネーミングの強化書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋誠の作品

ツイートする