ウイルスと地球生命 (岩波科学ライブラリー)

著者 :
  • 岩波書店
3.59
  • (4)
  • (11)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 126
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000295925

作品紹介・あらすじ

ウイルスのことを病気の原因で、危険なものとばかり考えていませんか?実はあなたが胎児だったとき、ウイルスはあなたを守る大切な役割をはたしていたのです。地球上には膨大な数のウイルスが存在し、生物の行動や生命の進化に大きな影響を与えていることがわかってきました。これまでの常識をくつがえす、ウイルスの存在意義を考えてみます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知っていたはずの知識(高校基礎生物くらいまで?)をベースに今のウィルス学概要がわかる。コンパクトにまとまっている分、不親切な感じも否めないし、特に後半、端的な事例になっていて、面白味にかけるかも。それを差し引いても、たくさん新しことを知ったし、持ってた知識を呼び起こしつつ、つながったように思う。
    端的な文章だけれど、学術的高飛車なところがなく、逆に、読者を惹きつけるためにわざわざウィルスって不思議で面白いねとも言わない。興味と知識欲だけ駆り立てて、面白いとおもわせる正攻法。
    すばらしいじゃあないですか。

  • 2018/9/21 返却

  • ウイルス発見の歴史、ウイルスは生物か否か、動物ウイルスから人ウイルスに進化するまで、などなど、これまでぼんやりとしか知らなかったウイルスについて色々な知識が得られた。また、ヒトの進化や胎児の保護などウイルスの意外な一面も知った。遺伝子治療、食品添加物、生物農薬などウイルスの用途開発が進む一方で、巨大ウイルスや海のウイルスなどまだまだ未知な部分も多く、今後も面白そうな分野である。それにしてもT2ファージのメカチックな形状。只者ではない。。

    序章 あなたはウイルスに守られて生まれてきた
    1.ウイルスはどのようにして見いだされたか?
    2.ウイルスは生きているか?
    3.人のウイルスはどこから来たか?
    4.生物界を動きまわるウイルス
    5.病原体だけではないウイルスの意外な役割
    6.病気を治すウイルスの利用
    7.広大なウイルスの世界

  • 細菌は生物だがウイルスは生物ではない、らしい。なるほど、ウイルスには細胞がなく増殖は他生物の細胞に依存するのだ。これまで細菌感染にはかかっていないものの、ウイルスには重ねて痛い目にあっている。インフルエンザは最たるものだが、帯状疱疹が4たび発症したのには参った。周りで聞いたこともない。ということで、ウイルスのいろはを学んだ次第。病原体としての悪玉ウイルスばかりではなく、胎児を守ったり病気を治したりする善玉ウイルスも紹介される。ただ、善玉についてはもうひとつ曖昧で、今後研究が進んで行くのだろう。プランクトンを分解するウイルスの働きは地球温暖化に影響を与えるというが、善悪どちらに導いているのか理解できず。

  • ウイルスについて広く薄く知るには良いが、やや記述が平板。あと、このシリーズ、100ページ余りとコンパクトな割に値段が高い!

  • ヒトゲノム解読の結果ヒトのDNAの9%は昔々取り込まれたヒト内在性レトロウイルスで34%がレトロとランスポゾンで3%がDNAトランスポゾン。このトランスポゾンというのはいろんな生き物の間を行き来できるレトロウイルスの祖先の断片と見られている。ジャンクDNAといわれたものの多くがこう言ったウイルスの名残だとすると、ウイルスは突然変異に大きく関わっているのかも知れない。

    海水中には多くの細菌やウイルスがいて、海洋微生物の総量はアフリカ象2400億頭という説があるそうだが同じくウイルスはシロナガスクジラ7500万頭分だそうだ。(こちらは炭素換算)これらのウイルスの宿主は藻類や細菌だとか。アフリカ象は最大10tでクジラは最大180tです。

    ウイルスは病気の原因だけでなく生命活動を支えていることもわかって来た。例えば胎児が免疫の攻撃を受けない理由はへその緒で母親のリンパ球が胎児の血液中に入らないように遮断されているからなのだが、この膜はウイルスが活性化されて増えてくる時に作られるタンパク質からできている。他にも虫に卵を産みつけるハチなども免疫を抑制するしくみを持っている様だ。HIVってのもあるしね。ミツバチが死を覚悟して毒針をさすのにはカクゴウイルスというものの働きがある。針を刺したら内蔵ごと抜けるので1回きりの必死の攻撃がウイルスによるとは。

    ウイルスを破壊するウイルスまであるらしい。何のこっちゃだが単独では増殖できず、他のウイルスがいる時に増殖し最後にはその助けてくれたウイルスを破壊するとか。

    100ページほどしかなく1時間ほどで読め、面白い話も載っている。しかし、これで1200円は高いなあ。岩波科学ライブラリーはだいたいこんな感じの様だがそうは買わないよねえ。半額にならんかしら。

  • ウイルスとの共生が地球生命を創りだしてきたのですね。
    病原性ウイルスにばかり注目されていますが、天文学的な数のウイルスの中には人にとって役に立つウイルスもあると思います。
    これからウイルス学は、見方をかえることで発展してゆくでしょう。

    http://ameblo.jp/nancli/entry-11734532460.html

  • ウイルスとここまで縁が深かったなんて。直前に豚の臓器の話もしていたのでタイムリーでした。

  • HONZ

  • ウイルスの種類や進化の話で、専門的な部分は少々難しいですが、全体的に素人でも興味深く読めました。
    話題の鳥インフルエンザについても書かれていました。

全24件中 1 - 10件を表示

山内一也の作品

ウイルスと地球生命 (岩波科学ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする