原発と活断層――「想定外」は許されない (岩波科学ライブラリー)

著者 : 鈴木康弘
  • 岩波書店 (2013年9月5日発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 24人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000296120

作品紹介

なぜ原発周辺の活断層は見過ごされてきたのか。今後は誰が、どうやって活断層の危険性を評価すべきか。原発建設における審査体制の不備や科学の誤用を厳しく指摘してきた著者が、原子力規制委員会でのこれまでの議論を紹介しつつ、問題点を検証する。科学の限界も考慮し、これからいかに判断すべきなのかを考える。

原発と活断層――「想定外」は許されない (岩波科学ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 活断層を丹念に研究している学者からの指摘は傾聴に値する。いままで業界団体が研究者に取り入り、自分たちの結論ありきの方向へと誘導することは多々あった(水俣病しかり)

    こうした時に頼りになるのは、地域に根付いた大学の力だと思うのだが…日本の場合は電力会社が大学にも相当関わっている…学者の良心と専門的市民に期待せざるを得ない。

  • 原発周辺の活断層が、いままでなぜ見過ごされてきたのか。今後どのように活断層の危険性を評価すべきか。原子力規制委員会のこれまでの議論を紹介しつつ、問題点を検証する。科学の限界にも考慮し、今後の課題を考える。

  • 原発と活断層の判断について述べられている。有識者会合の運営上の問題については触れられていなかったが、その結論に至って経緯が書かれていて参考になった。

  • 勉強になりました。

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 539@S100@1
    Book ID : 80100459633

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002374491&CON_LNG=JPN&

  • 電力会社は、日本を滅ぼすつもりなんでしょうね。。。

    岩波書店のPR
    「原発周辺の活断層はなぜ見過ごされてきたのか。今後は誰が、どうやって活断層の危険性を評価すべきか。原発建設における審査体制の不備や科学の誤用を厳しく指摘してきた著者が、原子力規制委員会でのこれまでの議論を紹介しつつ、問題点を検証する。科学の限界も考慮し、これからいかに判断すべきなのかを考える。」
    『原発と活断層』moreinfo
    http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0296120/top.html

  • 和図書 408/I95/212
    資料ID 2013101825

全7件中 1 - 7件を表示

鈴木康弘の作品

原発と活断層――「想定外」は許されない (岩波科学ライブラリー)はこんな本です

ツイートする