原発事故と科学的方法 (岩波科学ライブラリー)

著者 : 牧野淳一郎
  • 岩波書店 (2013年10月5日発売)
3.83
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :68
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000296168

作品紹介・あらすじ

原発事故の巨大さは事態の正視を妨げ、事故前にも事故後にも、ウソがまかりとおった。放射性物質や原発事故のリスクが一人一人の生活に上乗せされる時代に、信じるのではなく、ウソを見抜いて自ら考えていくための方法とは。事故後に放射性物質放出量の大きさをほぼ正確に捉えていた著者が語る、原発再稼働と健康被害の推定をめぐる実践的な思考の書。

原発事故と科学的方法 (岩波科学ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原発関係じゃない科学者が、科学的な考え方をどのように適用するかを見せてくれる。情報はほしいけど、その情報に対する偏った報道は必要なく、自分でその重要性を考えるべきなのだということを。

  • 絶妙なタイトル。フェルミ推定的な論理的思考、計算方法ができるようになるのが、本当の教育なのだろうな。非常に説得力のある本だった。と同時に自分も理工系の大学教育を受けていながら、科学的なリテラシーが身についてないことが身につまされた。

    有事には政府がダメというだけでなく、専門家の言説ももう一度、検証しつつ確認する必要がある。

  • 牧野淳一郎『原発事故と科学的方法』岩波書店、読了。3・11直後からメルトダウンの可能性や事故の深刻度が「レベル7」に達していることなど、事態の推移をほぼ正確に指摘してきた著者。本書は、嘘がまかり通り時代に、自ら考えていくための方法とは何かを率直に語る一冊。

    著者の専門は天文学。シュミレーションのプロ。しかし原発事故に関して何か特別な情報源を持っていたわけではない。公表された数値を正確に計算しただけだ。高校レベルの知識があれば、解析出来ると指摘する。

    原理をおさえた上で計算して考えてみること。百数十頁の短著ながら、著者の実践事例は原発事故だけに限定され得ない射程を秘めている。 https://www.iwanami.co.jp/.PDFS/02/7/0296160.pdf

  • 勉強になりました。

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 543@M100@1
    Book ID : 80100460550

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002378238&CON_LNG=JPN&

  • 一線級と思われる科学者が、文系人間でも読める程度の極力平易な表現で書いたフクイチ事故に関する諸々を書いた書籍。但し、事故とその影響については、現在進行中で状況が変わっていく傾向にあると思われるので決定版という訳にはいかないだろう。この問題はまだまだナマモノなのである(2013/11/12記)

  • 色々ともやもやしていた事がスッキリした。科学者も十人十色。

  • 和図書 408/I95/216
    資料ID 2013101993

  • 政府は国民を安心させようとして、嘘ばかり言ってるものね。。。

    岩波書店のPR
    「原発事故の巨大さは事態の正視を妨げ、事故前にも事故後にも、噓がまかりとおった。放射性物質や原発事故のリスクが一人一人の生活に上乗せされる時代に、信じるのではなく、噓を見抜いて自ら考えていくための方法とは。事故後にほぼ正確に事態を捉えていた著者が語る、原発再稼働と健康被害推定をめぐる実践的な思考の書。 」

全10件中 1 - 10件を表示

原発事故と科学的方法 (岩波科学ライブラリー)のその他の作品

牧野淳一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
國分 功一郎
又吉 直樹
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

原発事故と科学的方法 (岩波科学ライブラリー)はこんな本です

ツイートする