時を刻む湖――7万枚の地層に挑んだ科学者たち (岩波科学ライブラリー)

著者 :
  • 岩波書店
4.06
  • (4)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000296427

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 福井県にある「三方五湖」。その中で最も大きな湖である「水月湖(すいげつこ)」の底には7万年以上の歳月をかけて積み上がった「年稿(ねんこう)」と呼ばれる縞模様が造られていました。
    本来長い年月の過程のなか、地形の変化や気候の関係で年稿は大きな影響を受けます。しかしこの「水月湖」はいくつかの条件が奇跡的に重なり、連続的に年稿が形成され続けました。その結果過去5万年の堆積物が蓄積され、地球の歴史を知る貴重な“基準=標準時計”として2013年に世界で認められることとなったのです。
    本書は20年を越える地道な研究内容と成果、世界で評価されるまでに至った軌跡を紹介した一冊です。

    岩波科学ライブラリーということもあり学術的な用語は排除し、中高生でも分かる平易な言葉でもって内容の濃い最新の研究に触れられます。この研究は自然科学分野や考古学分野の礎となると思うと今後も楽しみであると同時に、国として研究の分野を支える基盤が一日も早く整ってほしいと願わずにはいられません。

  • 一気に読んだ。新聞広告で見つけて、即購入と思っていたのに、なかなか書店で見つけられなかった。昨日やっと、久しぶりの河原町丸善で購入。福井県にある水月湖。湖底は酸素不足のため生物が生息できないという。また、湖底が深いため水面の波の影響なども受けにくい。したがって、乱れることなく堆積が進んでいく。さらに、近くにある活断層のためにときどき沈降が起こり、堆積物のために湖底が浅くなるということもない。などなどの環境がそろったおかげで、ボーリングをすることで、5万年にも及ぶ堆積物の縞模様(年縞)が見つかる。季節によっての堆積物の種類の違いによって、年輪のようなものが出来上がる。それを利用して、炭素同位体だけでは決めきれない年代の特定にあたることになる。イギリスやドイツの研究者が共同で作業を進める。そのプロジェクトの様子が当事者の目を通して描かれている。実におもしろい。安田喜憲先生がはじめて来られた環境考古学というテーマが研究対象としていま一番おもしろいのではないかと思っている。その流れの中にある年縞(このことばが、一発で変換できるようになる、つまり一般的な用語になる日が早く来るとよい)、これを活用することで、1万5000年前の出来事であるというとき、1000年ほどの誤差があったものが、いまでは100年未満になっているという。技術の進歩に伴って、これがもっと小さな数字になる日も来ることだろう。本書をワクワクしながら読んだのだけれど、ところで、この誤差が小さくなるということで、どんなご利益があるというのか。結局ちょっとつかみきれないままでした。(宇宙の年齢でいうと、120億年とか、150億年とか言っていたものが、137億年と言われると、おお世の中、進んでいるなあ、と感じることはあります。)

  • ともかく数えてしまうんだから何ともすごい。本人も書いているように、ライバル的な書き方がちょっと違う感じはどうしても受ける。それも含めてなんとも圧倒的な話である。これは、予算つけるのがどんなにか難しかろう。こういううまくいく話ばかりじゃないこと込みで。

  • 地球の歴史の物差しをより正確できた地道な研究を,楽しい物語にまとめてある好著だ.5万年前まで遡って,誤差も少なく見積もれるというのは素晴らしい.14Cの半減期等かなり詳しい物理的な記述もあったが,世界各国の研究者が知恵を出して,頭を使い,お金をうまく集める話は感動できる.

  •  サブタイトルが「7万枚の地層に挑んだ科学者たち」で、以前、NHKEテレの「サイエンスZERO]という番組で取り上げられたことがある。

     「福井の湖、考古学の標準時に」というニュースが2012年に駆け巡った。時計で言えば、「グリニッジ標準時」のようなものだ。そこまでに至る日本人及び外国人研究者たちの格闘をコンパクトに描いたのが今回の本だ。

     掘削するのに多額費用はかかるし、地層を数える作業に手間暇かかる。それを何とかやり遂げて成し遂げた偉業。

     7万年分もの堆積物から浮き彫りになる縞模様。その模様が歴史を変える可能性を左右するとは何が影響するのかわからないものだ。

    サイエンスZERO

    http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp415.html

  • 基礎研究のルポ。
    著者自身が中心となった水月湖の年縞をボーリングで抽出し、炭素測定による5万年に及び年代測定の補正材料としての基準となるまでの20年以上の地道で長い道のりを記す。
    1万年程度であれば、年輪が堅いがそれ以降は、サンゴや海盆の情報を使ってきたが水月湖の堆積物は綺麗に残っておりこれをグローバルな研究者ネットワークがその知識と何よりも根気と情熱で研究を貫徹する。

  • やや専門的だが、引き込ませる文章だった。

  • 以前、年縞のはなしを安田先生の本で読んだ。安田先生の研究が、その後のボーリングとサンプル分析、研究をとりまく技術の進歩などと、次の世代の内外の研究者の努力と協力で、完成度の高い成果になった。いくつかの段階で、この分野の内外のリーダーが勇気のある決断をしている。おもしろかった。

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 456@N100@1
    Book ID : 80100017860

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002483147&CON_LNG=JPN&

  • 福井県にある小さな湖は、7万年分の45メートルにわたる地層が堆積していた。それは、偶然によって見つかった。地道な分析の結果、地球の歴史 5万年分の歴史のはかる手がかりとなった。福井の小さな湖に格闘した地道な格闘ですが、研究者の熱気が、いたることころで感じれます。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1968年、東京都生まれ。1992年、京都大学理学部卒業。1998年、エクス・マルセイユ第三大学(フランス)博士課程修了。Docteur en Sciences(理学博士)。国際日本文化研究センター助手、ニューカッスル大学(英国)教授などを経て、現在は立命館大学古気候学研究センター長。専攻は古気候学、地質年代学。趣味はオリジナル実験機器の発明。主に年縞堆積物の花粉分析を通して、過去の気候変動の「タイミング」と「スピード」を解明することをめざしている。

「2017年 『人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

時を刻む湖――7万枚の地層に挑んだ科学者たち (岩波科学ライブラリー)のその他の作品

中川毅の作品

時を刻む湖――7万枚の地層に挑んだ科学者たち (岩波科学ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする