ちいさい言語学者の冒険――子どもに学ぶことばの秘密 (岩波科学ライブラリー)

著者 : 広瀬友紀
  • 岩波書店 (2017年3月18日発売)
3.93
  • (18)
  • (23)
  • (19)
  • (0)
  • (1)
  • 300人登録
  • 31レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000296595

ちいさい言語学者の冒険――子どもに学ぶことばの秘密 (岩波科学ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とにかく良さに溢れてた……とにかくみんな読んでほしい……

  • 読んでいる間、わくわくしっぱなし。
    周囲の大人を真似して言葉を得るのだと思っていたが、子供はもっとずっと能動的に、フルで頭を回して自力で言葉を獲得していくのだと、何だか胸が熱くなる。
    その間のこと、覚えていたかったなー。
    ちょうど冒険に乗り出した娘を、「何でいつも同じ間違いしてるの?」ではなくて、「おお、まさに手探りで歩き回っているところ…頑張れ!」という気持ちで見守れそう。
    もう少し大きくなったら、「"は"にてんてんをつけたら何?」は必ず聞いてみたい!

  • 「こどもに、『は』に点々をつけたらなんと読む?ときいたら、なんと答えるか」 実になんともそそられる質問ではないですか。

    副題に「子どもに学ぶことばの秘密」とある通り、子どもによくある「間違った言葉遣い」を通して、言葉について考えていこうというのが本書の趣旨。なるほどねえ、ということが次々出てきて、とても面白かった。

    言語学というのは(まあ学問は皆そうかもしれないけど)素人にはわかりにくくて、オマケにすごく地味だという印象があるが、これはとても取っつきやすい。それでいて、言語学というのが言葉をどういう側面から見ていくのか、少しわかったような気にさせてくれる。柔らかな語り口で読みやすいのもいいと思った。

  • 岩波科学ライブラリーというシリーズははじめて手に取ったと思う。もっと硬めの内容かと思ったらそこらの新書よりよほどよみやすいハンディな本だった(これがたまたま最初にであったこの一冊の特徴なのかシリーズの特徴なのかわからないけど)。

    言語学徒が親となれば、子どもの母語習得過程のおもしろい用例や誤用をおもしろがり記録するのはまず当然の流れだけれど、その楽しみと奥深さをこのように一般の読者ともシェアできる一冊にまとめたのがすごい。巻末に読書案内&引用・参考文献表もあるので、言語獲得に興味を持った高校生・社会人から大学の言語学専攻入門者までひろくおすすめ。

    ざっと読んだ家人は本文結びに感激していた(「まだ(ことばの)旅が続いている大人」のひとりという自覚があるだけに…)。

  • 子どもがどうやって言葉を獲得していくかのプロセスが書かれた本。言語学者である作者と、子どもとのかけ合いもすばらしく、そこから言語学の世界へともっていく展開もすばらしい。(というか、微笑ましい。)
    某言語教材のラジオCMで、「言葉は勉強するものではないんですね。」と言っていたが、まさに、子どもがどうやって言葉を獲得していくかが分かる。
    逆に言うと、「なんで分からないんだ!」ということも減るわけで、「こうやって教えよう」も分かるわけで、教師にも、親にも、もちろん子どもにもオススメできる一冊だと思う。

  • 著者は心理言語学者。
    ご自身の子どもも含め、子どもが言語を獲得する際のトライアル・アンド・エラーを解説した本。

    面白い話がたくさん出てくる。
    けれど、どうコメントをまとめていいか…。
    思い出すまま書いてみようか。

    まずライマンの法則。
    二つの要素を組み合わせて一語になるとき、連濁が起こる。
    でも、二番目の要素に濁音が含まれていると、連濁は起こらない、というのだ。
    たしかに、あか+たま は あかだま。
    どて+かぼちゃ は どてかぼちゃ であって、どてがぼちゃにはならない。
    本書には書かれていなかったけれど、外来語はこの法則にあてはまらないのかな?
    一度、トクホのついたあるお茶のCMで、「高濃度茶ガテキン」と連濁していたのを見たことがある。
    もう何年も前のことで、外来語も連濁するんだ!と衝撃を受けたことを覚えている。
    でも、その後、その形は見ない。
    それから、「歩きズマホ」。
    これもNHKのアナウンサーが言っていた。
    スマホが外来語もなのか、という問題もある気がするけれど、結局、歩きスマホと、濁らない形の方をよく聞く。
    読んでいて、そんなことも思った。

    それから、子どもがモーラの感覚を身につけていく過程で、一音節の語を扱いあぐねて、不要な助詞をくっつけることがある、という指摘。
    これを読んで思い出したのが、『もりのへなそうる』。
    あれも主人公の弟が「蚊がが飛んできて蚊にに刺されたよう」(原文は全部ひらがなだったと思う)といっていた。
    そういうことだったんだ、と思う一方で、へなそうるの作者も、子どもの言葉をよく観察していたんだなあ、と感心。

    さて、こどもは観察したルールを過剰一般化したり、逆に小さく限定しすぎたりしながら言葉を身につけるのだけれど、どうやって修正するかは、まだわかっていないことが多いらしい。
    大人が訂正しても、必ずしも受け入れられないらしい。
    筆者の専攻する心理言語学という分野が、今後明らかにしていくのだろうか?
    気になるところだ。

  • 言語学が専門でない人でもサラッと読める、子供の「言い間違い」とその奥に潜む、言葉と文法のルール。
    p5「大人の言うことを丸覚えにするのでなく、ことばの秩序を私たちが思うよりずっと論理的なやり方で見いだし、試し、整理していくー子どもたちが「小さい言語学者」と呼ばれるゆえんです。」

    音韻、音節、動詞の活用から語用論まで、子どもの言い間違いを整理して面白く紹介し、その「理由」を説明する。確かに子どもなりにルールを見つけているのだと感心した。面白い!

  • よくある子どもの言い間違い。

    なんでこんな間違え方をするのだろうと、大人は思うのだけど、まだ母語を完全に覚えていない子どもは、子どもなりにルールを自分で見つけているんだよ。ということを言語学の観点からわかりやすく説いてくれる本書。

    言語学というとなんだか難しそうだけれど、この本はかなりわかりやすく解説しています。

    とうもろこしを「トウモコロシ」と言ったり、血が出たを「ちががでた」と言ったりするのも、ちゃんと理由があるんです。

    そして当然ですが、そうした言葉の冒険は日本語だけではない、ということも本書では触れられています。

    もう思い出すことはできないけど、自分も小さい頃はこんな風に色々考えて喋っていたのでしょうね。

    図書館スタッフ(学園前):とありかかり

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://opac.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=2110031210

  • 子供が放つ,不可思議な言い回しやしょーもない言葉遊びの裏に隠れた,言葉の習得過程における論理的必然性が次々に明らかにされる.ば,馬鹿にして御免なさい….

  • 「これ食べたら死む?」「死まない?」「死め!」これらは「こどもあるある」の「死の活用形」だそうです。読むとか飲むとか、子どもがよく使うことばにマ行の五段活用はあるが、ナ行の五段活用がないそうです。というか、ナ行は「死ぬ」だけなんだとか。(方言としては「去(い)ぬ」があるそうですが。)なるほど。しかし、これはうちの子どもにはなかったなあ。たぶん。「蚊にさされた」を「かににさされた」、「血が出た」を「ちがが出た」、これはうちにもありました。不思議だなあと思っていた。「とうもころし」これはトトロでおなじみ。「ちかろまち」(「力持ち」のことらしい)これはうちの近所の子が言っていた。他にもすごいまちがい方(子音が入れ替わっているもの)あったんだけれど、思い出せない。などなど、子どもたちの言いまちがいから、言語習得、さらには日本語の特性について学ぶきっかけが得られます。本格的には参考文献が必要かなあ(「この本だけでは物足りないなあ」という意味)。新聞の書評で見て飛びついてしまいました。

全31件中 1 - 10件を表示

広瀬友紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
宮下 奈都
ヨシタケ シンス...
エラ・フランシス...
サンキュータツオ
トーン テレヘン
三浦 しをん
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

ちいさい言語学者の冒険――子どもに学ぶことばの秘密 (岩波科学ライブラリー)はこんな本です

ちいさい言語学者の冒険――子どもに学ぶことばの秘密 (岩波科学ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする