深読み! 絵本『せいめいのれきし』 (岩波科学ライブラリー)

著者 :
  • 岩波書店
3.45
  • (0)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000296601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きなバートンさんのせいめいのれきし。
    読んだ当時から絵本の内容もすみずみまで素晴らしいと感じてきたけれども、真鍋さんによる、現在の研究の成果で更新された情報もおりこんでなおいっそうこの絵本の魅力を感じ直せる書き方で、せいめいのれきしを深く受けとめなおせたり、色々調べてみたくなる、とても楽しい一冊。

  • ”絵本の解説”という変わった試み。
    『せいめいのれきし』という絵本自体は未読。
    三葉虫、メガネウラ、イクチオサウルス、ミクロラプトル、パラサウロロフス、プテラノドン、オヴィラプトル、トリケラトプス、ティラノサウルス、ディアトリマ、パラケラテリウム、ホモ・サピエンス。
    恐竜の時代を中心に、有名どころはしっかり描かれている印象。
    アノマロカリスは未登場だそう。
    生態や進化の仕組み、絶滅に関してなど、古生物学の本としても十分。
    ティラノサウルスは、小さな前足のせいで受け身がとれず、安全に走れる速度は18km/hまで、という説は面白い。
    第6の大量絶滅は、現在すでに始まっているらしい。

  • バージニア・バートンの「せいめいのれきし」改訂版・監修者による該当絵本の説明本。
    絵本の場面が章の始めにあり、場面の説明があります。説明を読んでいると、バートンさんが8年間かけて作成しただけあって、その絵の科学的な正しさや、舞台のようにして時代を象徴する生き物を描いてあるところが素晴らしいです。
    1ページだけではなく、本を全体で「せいめいのれきし」を見渡せるように時代での生き物の進化を描いています。説明されることで、この本が名作たる所以がわかりました。

  •  初版から半世紀たって新版が出版されたバージニア・リー・バートンの絵本「せいめいのれきし」の監修をした著者が、バートンへの尊敬と新しい読者への期待をこめて、分かりやすく解説。
    真鍋氏の科学愛が伝わってきます。

  • 請求記号 457/Ma 43

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

東京生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、米国のイェール大学理学部修士課程修了、英国のブリストル大学理学部博士課程修了。国立科学博物館地学研究部研究官を経て、1998年より同・生命進化史研究グループ研究主幹となる。カナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館客員研究員。恐竜や古生物、生命進化史をテーマとする数多くの図鑑や書籍、絵本の監修にあたっている。著書に『深読み! 絵本『せいめいのれきし』』(岩波書店)、監訳に『恐竜学入門』(藤原慎一・松本涼子訳/東京化学同人)他多数。

真鍋真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
ヨシタケ シンス...
おかべ たかし
ヨシタケ シンス...
エラ・フランシス...
モーリス・センダ...
エラ・フランシス...
又吉 直樹
ヴィクトール・E...
恩田 陸
R・J・パラシオ
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
バージニア・リー...
ジャレド・ダイア...
宮下 奈都
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

深読み! 絵本『せいめいのれきし』 (岩波科学ライブラリー)に関連するまとめ

ツイートする