必勝法の数学 (岩波科学ライブラリー)

著者 :
  • 岩波書店
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000296632

作品紹介・あらすじ

ついに将棋や囲碁で人間のチャンピオンがコンピュータに敗れる時代となってしまった。前世紀、簡単な山くずしのゲームからはじまった、必勝法にとりつかれた人々がはじめた研究は、百年のときを経てここまでたどりついたのだ。解明されたさまざまなタイプの必勝法の原理と、その数理科学・経済学・情報科学への影響を解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなり頭を使う本。意味が分からないところもチラホラ。やったことない遊びはあまりピンと来なかった。

  • 請求記号 798/To 35

  • 徳田雄洋

    【書誌情報】
    本体1,200円+税
    通し番号:263
    刊行日:2017/07/05
    ISBN:9784000296632
    B6 並製 カバー 128ページ 在庫あり

     ついに将棋や囲碁で人間のチャンピオンがコンピュータに敗れる時代となってしまった.前世紀,簡単な山くずしのゲームからはじまった,必勝法にとりつかれた人々がはじめた研究は,百年のときを経てここまでたどりついたのだ.解明されたさまざまなタイプの必勝法の原理と,その数理科学・経済学・情報科学への影響を解説する.
    https://www.iwanami.co.jp/smp/book/b297916.html


    【目次】
    はじめに――もはや人間はコンピュータに勝てない?
    第1章 チェスの勝敗は,先手・後手を決めた時点で決まる
    第2章 2山くずしで,山のサイズが同じなら後手必勝,違えば先手必勝
    第3章 役割区別なしの交互型ゲームはあるサイズの1山くずしと等価
    第4章 2人のチェスのチャンピオンと同時対戦して1人に負けない方法がある
    第5章 2者択一予言の的中率を一定値に保証できる
    第6章 相手も自分も合理的に行動するなら両者の選択は予測できるか
    第7章 慎重な投資と大胆な投資はどちらがよいか
    第8章 会社合併問題は合計人数最小の2社を合併すればよい
    第9章 理想的なコンピュータも勝てない判定ゲームが存在する
    おわりに――21世紀,そしてこれからの必勝法

全5件中 1 - 5件を表示

徳田雄洋の作品

ツイートする