西洋政治思想史講義――精神史的考察

著者 :
  • 岩波書店
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000610179

作品紹介・あらすじ

精神史としての思想史-それは哲学、文学から美術、音楽、科学にいたるまで、人間の営みを総体として捉え、その時代の心的連関、時代精神に肉薄しようと試みる。それはまた、真に"他者"を理解することの意味を探究し、政治的思考の新たな可能性とその在りかを指し示そうとする。古典古代からポストモダニズムまで、人間と、その存在そのものが必然的に孕まざるを得ない政治性を問い、自己と他者の共同性の確認という「地平の融合」をめざして白熱する講義は、聴講する多くの学生を魅了した。神戸大学、京都大学両法学部で行われた講義の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小野先生渾身の大著。「精神史」とは聞きなれない言葉であったが、その時代の精神を理解することを目的とするという。ある人の思想を理解するには、その文脈となるその時代の“気分”を肌で感じとり、思想を追いかける必要がある、ということだろうかと理解した。引用が豊富なのもその手がかりとなるか。内容はかなり難解であるが、思わず夢中になってしまう魅力がある。高価だがかなりおすすめ。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:311.23//O67

  • 平野啓一郎氏が「図書」5月号で絶賛しているので、気になり始めた。

  • 東2法経図・開架 311.2A/O67s//K

全4件中 1 - 4件を表示

小野紀明の作品

ツイートする