私は中国の指導者の通訳だった――中日外交 最後の証言

著者 : 周斌
制作 : 加藤 千洋  鹿 雪瑩 
  • 岩波書店 (2015年2月26日発売)
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000610216

作品紹介

著者は、一九七二年九月の日中国交正常化時の首脳会談で通訳を務めるなど、中国外交部の日本語通訳として様々な外交交渉に携わった。本書は大学卒業後の四十六年に及ぶ通訳人生の回想である。日本語通訳への道、通訳の基本条件、仕事の責任と範囲、忘れ難い通訳の経験について述べ、日中両国指導者に関する敏感な問題にもふれる貴重な証言記録である。

私は中国の指導者の通訳だった――中日外交 最後の証言の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 田中角栄訪中時に通訳を務めた人。
    通訳としての成功例も失敗例も率直に書いてあるのがよい。
    周恩来を中心に、日本側も含め通訳に当った人々の姿を伝えてくれる。鄧小平、四人組、大平、三木、福田、有吉佐和子など。
    政府の審査を受けているけれども、実情に近いところも多いのではないかと想像した。
    病院での誤訳の失敗談は可笑しかった。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:319.2201//Sh99

  • 日経新聞 2015年4月12日 朝刊 書評欄

全3件中 1 - 3件を表示

周斌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
エズラ.F・ヴォ...
伊賀 泰代
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

私は中国の指導者の通訳だった――中日外交 最後の証言はこんな本です

ツイートする