危機と雇用――災害の労働経済学

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000610223

作品紹介・あらすじ

東日本大震災は多くの人々から働く機会を奪っていった。それはどのようなプロセスで生じ、誰に対してとりわけ困難な状況をもたらしたのか。いかなる雇用対策が講じられ、それはどのような効果を生んだのか。豊富な調査データを駆使して、困難から立ち上がろうとする人々の営みとその支援を"労働"の側面から克明に描き出し、今後起こりうる危機への備えについて考察する著者渾身の研究。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:366.21//G34

  • 東2法経図・開架 366.02A/G34k//K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

玄田有史(東京大学教授)

「2018年 『危機対応学 明日の災害に備えるために』 で使われていた紹介文から引用しています。」

玄田有史の作品

ツイートする