東北ショック・ドクトリン

著者 :
  • 岩波書店
3.91
  • (4)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000610278

作品紹介・あらすじ

いま、被災地はどうなっているか-。宮城・岩手、そして福島。被災地で起きている「上から・外から」の「創造的復興」。民営化、特区、第一次産業への企業参入、大規模店舗の進出など、震災を「千載一遇の機会」として、公共が襲撃されている。「社会実験」にさらされる被災地を、地を這う取材で報告する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  ショック・ドクトリンとは惨事便乗型資本主義、つまり、戦争、津波といった大惨事、ときにはそれらを意図的に招いてまで、そこから経済的利益を挙げようとする過激な市場原理主義改革のことだそうです。カナダのジャーナリスト、ナオミ・クラインのルポ「ショック・ドクトリン 惨事便乗型資本主義の正体を暴く」(2007年、邦訳は2011年 未読)が30ヶ国語以上に訳され、世に広く知られるようになりました。
        
    「復興の大義名分が風化しないうちに、仙台空港を生かしたカジノをはじめとする新たな取り組みを行う必要がある」

     カジノ推進シンポジウムにおける、早稲田大学教授戸崎肇のこの発言が、すべてを物語っています。この人にとって、復興は大義名分でしかありません。また、「風化」という言葉を何と冷酷に使うことか。

     「創造的復興」「日本の再生なくして、被災地の再生なし」 

     響きはいいのですが、実はこうした文言は、被災者のための復興予算を、復興とは関係のない「創造」や、「日本の再生」の旗印の下、被災地と無関係のことに流用するために周到に考え出されたものでした。本書は、「創造的復興」原点の地である神戸から東北へ続く道筋を辿りながら、最も不幸な人すら商売道具にしていくこの国の官僚、経済人の様子を、抑制された筆致で報告していきます。
     家族や愛する人、生まれ育った家、職場等、すべてを失い、失意のどん底にいる被災者を実験の材料とする医師(第1章 被災地の遺伝子研究)、未曽有の大災害を千載一遇の商機ととらえる政治家(第7章 被災地カジノ協奏曲)、本書は扱っていませんが、被災地の真の意味での復興に大きくブレーキをかける東京オリンピックも、本質的には同じ発想で呼びこんだものでしょう。
     人間の冷たさ、醜さをあらためて見せつけられ、読んでいてやりきれない思いになりますが、事実と向き合うところからしか、未来の希望は生まれないでしょう。
     福場ひとみ氏の「国家のシロアリ」ともども、是非多くの方に読んでもらいたい本です。

  • 東北の被災地は実験場にされている。特に宮城県がひどい。
    まずは東北メディカル・メガバンク。病気になる遺伝子を特定して予防する先制医療に応用するため、ただの健康診断に見せかけて被災者の遺伝子バンクを作っている。高度な個人情報の扱い方がまだ決まっていないのに、完全に見切り発車だ。復興予算をとにかく使うことしか考えていない証拠で、被災者の心情など眼中にない。
    次に水産特区。こちらも村井県知事の見切り発車で壊滅的な打撃を受けた漁民を分断するかのように企業を誘致しようとした。海は利害が衝突し、ただでさえ紛争が起きやすいのに、漁業権を取り上げることしか考えていない。村井知事は安倍首相とやり方が似ている。どんなに良い政策でも「いいことだからやれ」では独裁である。村井知事は一年間「いいことなんだから」と言うばかりで、具体的に説明してこなかった。もし説明して論点がはっきりすれば問題点を指摘され、早い時期に潰されていた可能性もある。だからしゃべらず、法律ができてしまえば勝手に動き出すと思っている。
    次に仙台空港。周りはまだ何もない空き地ばかりのところである。空港の民営化は成功例が少なく、航空先進国のアメリカではほとんど民営化されていない現実がある。被災地での「創造的復興」は、大企業が儲けるためにある。本来経済活動というものは、人の感情、歴史、気候風土、文化すべてを合わせて成り立っているものだ。
    次はカジノ。日本にはギャンブル依存症の人が536万人もいると、2014年8月に厚労省が発表した。人口の5%ほどで、先進国の1%ほどに比べると高い。これまでカジノ解禁が進まなかったのは、賭博には多大な負の側面があるからで、治安の悪化、マネーロンダリング、反社会勢力との関連、青少年育成への影響、とりわけ深刻なのがギャンブル依存症の発生である。「先進国でカジノがないのは日本くらい」といわれるが、全世界のゲーミングマシンの6割が日本にある。ダントツの世界一だ。日本はパチンコがあるからカジノがないのである。
    最後はイオン。一日中イオンで過ごす人のことを「イオニスト」というらしい。シオニストを思い出させる嫌なネーミングだ。福島県では特定大型店の出店がしにくい「商業まちづくり条例」があったが、復興の名の下に骨抜きにされそうだ。条例を作った当時の県知事である佐藤栄佐久が、国策捜査の末に「収賄0円」で有罪判決を受けたのは、第一次安倍政権が掲げた道州制への反対、プルサーマルへの反対、そしてまちづくり条例など国の方針や大企業の利益に反する施策を次々に打出していたことが背景にあるといわれる。
    大資本に頼ったまちづくりの危うさは、三重県の亀山や岐阜県の美濃加茂をみれば分かる。亀山は従業員が増えるといわれたが、実際は派遣労働者が増えただけ。地主が派遣社員を当て込んでウィークリーマンションを次々建てたが、今はどこも空き室だらけ。美濃加茂も富士通が去り、日立が去り、最後はソニーがいなくなった。企業は都合が悪くなればサッと撤退する。だがメディアはこの危うさを伝えない。大企業は大スポンサーでもあるからだ。
    ずっと搾取され続けてきた東北は、甚大な被害を受けたあとも、あとだからこそ一層搾取の対象になってしまっているのだ。

  • 東北の実情のレポートとしては有益。しかし、タイトルの元になったナオミ・クライン『ショック・ドクトリン』のレベルまでの掘り下げや、改善策の提案といったところまで手が届いていると、なおよかった。
    評価は厳しめにしていますが、普通に一読の価値ある本です。今野晴貴『断絶の都市センダイ』と合わせてどうぞ。

  • ショック・ドクトリン。
    「惨事便乗型資本」。

    「外」から「内」から、「創造的復興」の名の下に行われる被災者の支援とは関係のない、企業の「経済」につながる「復興」。

    東北メディカル・メガバンク構想。
    3世代コホートのゲノム解析の目的も知らされずに、遺伝子収集が行われている現実。
    カジノ誘致、水産特区、大型ショッピングセンター(これは功罪がある)など。

    いったい誰のための復興なのかというのが、読後感に残る。

  •  震災から4年、惨事便乗資本主義の日本的展開をめぐるレポート。雑誌『世界』の連載をまとめたもの。

     「東北」をめぐる情報は、いま(半ば無意識に、だが半ばは意図的に)遠ざけられている気がする。だからこそあえていま、東北を見、歩く価値もあるのだろう。パースペクティヴを複数化しながら、しかも「被災地」を一つの色に塗りたくらずに考える必要性をあらためて痛感させられた。
     重要な指摘は、惨事便乗資本主義はすでに阪神大震災段階から始まっていた、という議論だろう。STAP細胞事件、生体肝移植にかかわる問題など、東北ヒトゲノムプロジェクトで指摘されている多くの問題は、すでに神戸で問題化されていた。
     
     統治機構は、まったく新しいことをするわけではない。必ずそこには何かしらの前例があり、なんらかの知と統治のテクノロジーにかかわる蓄積がある。単に〈ショック・ドクトリン〉とわかったつもりになるのではなく、連続性と新しさの双方から、事態を見つめ直すことが求められよう。

  • イオンは様々な形で地域のコミュニティを応援している。被災地支援には得に注力している。

全8件中 1 - 8件を表示

古川美穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする