堕天使(アザゼル)殺人事件 (ファンドーリンの捜査ファイル)

制作 : 沼野 恭子 
  • 岩波書店 (2015年6月26日発売)
3.38
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000610483

作品紹介

舞台は十九世紀末モスクワ。一人の青年が、公衆の面前でピストル自殺を遂げた。捜査にあたるのは、特捜部にやってきたばかりの新人、黒髪に青い目、お洒落ではにかみ屋の美青年、ファンドーリン。簡単な事件と思いきや、捜査線上に浮かんできた絶世の美女、新たな殺人、そして謎の言葉"アザゼル"-必読のシリーズ第1作!

堕天使(アザゼル)殺人事件 (ファンドーリンの捜査ファイル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ロシアの作家ボリス・アクーニン、1998年発表の小説。天才青年ファンドーリンを主人公とした歴史ミステリー「ファンドーリンの捜査ファイル」シリーズの第一作。19世紀末のロシア、モスクワを主な舞台とした作品で、ドストエフスキー、トルストイの活躍した時代の、古き良きロシア文学の香りを芬々とさせる大衆ロマン。面白いです。

    このシリーズ、私は第二作を先に読んでしまったのですが、やはり一作目から読むべきシリーズです。二作目では若いのに老成してしまった名探偵という感じであったファンドーリンが初々しい新米刑事として登場、いくども躓きながらもその度に天性の洞察力(と幸運)のおかげで踏ん張り、難事件を解決に導きます。

    富豪の青年が路上で拳銃自殺するという事件があり、目撃者も多数ある明白な自殺なんだけれど、何か裏がある・・・。莫大な遺産は全て英国人が運営する孤児院へと遺贈されます。ファンドーリンは捜査を始め、自殺した青年の影にもう一人自殺未遂の青年を見出すのですが・・・。
    ニヒリストによるテロや革命への機運が次第に高まって行くロシアで暗躍する絶世の美女とアザゼルと唱える殺し屋、理想的な教育システムで孤児たちを救済する謎の英国夫人・・・。
    いかにも時代掛った冒険譚ですが、それが著者の狙いとのことで、様々なロシア文学へのオマージュ、引用(解説を読まなければ私には全くわかりませんが)の上に極めて知的に構築された大衆小説。
    とても面白いです。
    ただ、悲劇的なラストは、これまた何処かで読んだことがあるような良くあるパターンの悲劇なんだけれど、今後へつなげる出発点としての悲劇として理解は出来るけれど、私は嫌いです。

  • そうか、ファンドーリンの人格形成にはこんな過去があったのね。シリーズ第1作ながら、最後に読んだので、ファンドーリンのもみ上げが何故白くなったのか、謎解きのように読んだ。このシリーズは時代設定のせいか、テロリズムが多いな。

  • 19世紀末のモスクワ、公園で突然ピストル自殺をした青年。その捜査にあたった若き美青年・ファンドーリン。単純な事件と思いきや、次々に謎は深まり、怪しげな美女まで登場し、困惑するファンドーリン。最後は、結構悲劇的。

    ベストセラーになって、シリーズもあるそうです。日本でロシアンルーレットと言われている拳銃のルーレットが、ロシアではアメリカンルーレットと言われているらしい。面白い!

  • 2作目では、静かで頼りがいのある印象でしたが、1作目では、まだ右も左も、な感じで。全然印象が違うので、また2巻を読み返そうかなと。
    若い男性が、ちょっとお洒落を気にしつつ、てとこが、アレクシア女史ぽかったり。
    そしてアレクシア女史的幸せな結末に終わると思いきや…。

    なるほど~ロシアでは中間小説が少なかったのか、と、確かにあまり翻訳を読んだ記憶がないような。
    文豪的なものには手をだしませんので、ええ。

全4件中 1 - 4件を表示

ボリス・アクーニンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サラ ウォーター...
伊坂 幸太郎
ウンベルト エー...
イレーヌ ネミロ...
米澤 穂信
ミハイル エリザ...
ジョエル・ディケ...
ジョエル・ディケ...
米澤 穂信
ロビン・スローン
フェルディナント...
坂木 司
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

堕天使(アザゼル)殺人事件 (ファンドーリンの捜査ファイル)はこんな本です

ツイートする