昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道

著者 :
  • 岩波書店
4.23
  • (7)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000610551

作品紹介・あらすじ

憲法改正、東京裁判、そして安保条約-昭和天皇は数多の危機をいかに乗り越え、戦後日本を形作っていったのか?『昭和天皇実録』を読み込み、戦後史像を塗りかえる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 豊下さんの本ということで、中身も見ずに買った。豊下さんには戦後日本の管理体制や安保条約の本の他に、象徴天皇の政治性を問題にした『昭和天皇・マッカーサー会見』(岩波書店)があるが、ぼくは後者に特に感激していたからだ。よく知られていることだが、昭和天皇は在位の過程で二度イニシアティブを取ったことがある。その一つは、226事件、もう一つは終戦の決定である。そして、戦後、天皇は象徴になったとされるが、政治に対する関心は戦後も変わることなく続いていた。戦後の日本は二つの政治中心を持っていたのである。豊下さんはこうした研究の蓄積の上に、今回公にされた天皇実録を読み込み、天皇がいかに政治的な判断をその都度していたかを確認する。本書で豊下さんは、戦後昭和天皇は二つの大きな局面にぶつかるも、それを乗り越えていったと言う。一つは東京裁判での天皇の訴追問題や新しい憲法下での天皇の位置の問題であり、もう一つは冷戦の中での共産主義勢力によって天皇制が否定されるのではないかという問題である。現今、憲法は押しつけだとの批判があるが、天皇は訴追免除とともに、新憲法に対してもマッカーサーに感謝していた。つまり、あの短期間につくられた憲法がなければ、天皇はある意味どうなっていたかわからなかったのである。と同時に、冷戦が深まる中では、天皇はマッカーサーを飛び越え、アメリカ本国と直接交渉をしていた。それは共産主義勢力によって天皇制が倒壊させられるのではないかという恐怖からであった。本書は最後に、現在の明仁天皇・皇后の行動が、まさに戦争の悲惨さを風化させず、憲法の精神を守ろうとしていることを論じる。それは、憲法の精神を踏みにじろうとする政治勢力に対する沈黙の抗議でもある。

  • 敗戦直後の近隣国の憎悪と共産化の波の中で、国家分裂や報復の危機が迫っています。アメリカが権原のない天皇の意見を聞いたのは、(占領政策と軍事戦略上の)国益と合致したからでしょう。本文の書き方ですが、発言を引用する場合、何時・誰が・どこでされたものかはくどい程注記が欲しい。推論が結論の形になり、繰り返される個所も気になりました。右傾化が危惧される中で本作が活発な論議を呼んで欲しい。多様な意見が共存する社会こそ安心できる世の中です。

  •  昭和天皇実録などの資料を参考に昭和天皇の終戦直後の行動、心情に迫る。

     この本に書いてあることはかなり衝撃的だ。
     終戦直後の昭和天皇は象徴天皇としての天皇制の維持と安全保障の為に密かに政治的に動いていた。国際情勢に明るかった昭和天皇が最も政治的な行動をしていたのは、皮肉にも象徴天皇になった直後だったのだ。
     政治家、昭和天皇の評価は難しい。今に至る歪な日米安全保障の成立に一役買ってしまった面もある。ただ、私は昭和天皇は自身の保身として天皇制の維持を考えていたのではなく、日本の安定の為に考えていたのではないかと思う。
     

  • 内外の共産主義から天皇制を守るために米軍駐留が絶対条件であったので、昭和天皇は沖縄を犠牲にしたと言えるのでしょう。そして日米地位協定、すなわち行政協定は議会を回避でき、事務当局レベルで処理することによって、全土基地化と自由使用を可能にしています。だから、日本は独立国家とは言えないでしょう。安倍政権は日米地位協定の撤廃や抜本的な改正をすることなく”戦後レジーム”からの脱却を声高らかに唱えていますが、全くもってお笑い草としか言いようがありません。茶番の最たるものです。なんなんだろうこの国は。

  • 「安保条約の成立―吉田外交と天皇外交」の推測部分が、「昭和天皇実録」で裏付けられた。
    第Ⅲ部、「憲法・安保体制のゆくえ」も読みごたえがある。
    「自主憲法」と植民地的な日米地協定が併存する”歪なナショナリズム”は、どこかる来るのか?(P259)
    日米関係を「騎士と馬の関係」として捉え、「立派な馬」になりきらんとすることに「自主性」を見出そうととする、ナショナリズムが長年かけて醸成されてきたのだろう、とされているが、それだけであろうか? この本を読んだ後に残った疑問。
    読売新聞の渡邊恒雄会長が、A級戦犯が合祀された靖国参拝に厳しく批判しているという話は初めて知った。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1945年生まれ。京都大学法学部卒。元関西学院大学法学部教授。専攻 外交史。著書『日本占領管理体制の成立――比較占領史序説』(岩波書店 1992)『安保条約の成立――吉田外交と天皇外交』(岩波新書 1996)『安保条約の論理――その生成と展開』(編著、柏書房 1999)『集団的自衛権とは何か』(岩波新書 2007)『昭和天皇・マッカーサー会見』(岩波現代文庫 2008)『「尖閣問題」とは何か』(岩波現代文庫 2012)『集団的自衛権と安全保障』(共著、岩波新書 2014)『昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道』(岩波書店 2015)『沖縄 憲法なき戦後』(共著、みすず書房 2018)他。

豊下楢彦の作品

ツイートする