『図書』のメディア史――「教養主義」の広報戦略

著者 :
  • 岩波書店
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000610742

作品紹介・あらすじ

戦中戦後に一時の中断をはさむとはいえ、一九三六年の『岩波書店新刊』発刊から七九年、一九四九年の再刊後、八〇〇号を数える岩波書店の雑誌『図書』。その「旗艦的」機関誌であると同時に「読書家の雑誌」を称するPR誌には、激動の時代を生きた著者や数多くの読者の、書物と向き合った悦びと苦悩が刻まれている。「岩波文化」の変容をとおして、読書空間の現代を照らし出すメディア史の快作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「岩波文化」という言葉が大正時代に広がっていったというのは、大正デモクラシーの時代ならでは。岩波のPR誌「図書」が岩波文化の流れを象徴し、全書、文庫、新書、ブックレット、ジュニア新書とその出版が広まっていった過程が解読できる。岩波茂雄氏の民主的な姿勢の一方で国家主義的な側面も面白いところ。岩波文庫がインテリの象徴とされつつも、苦行的な原書購読が廃れている!との声があったとは実に皮肉!「図書」の執筆者の歴史は丸山眞男、清水幾太郎、林達夫に代表されるように錚々たる顔ぶれであることがさすが!一方、スタジオジブリの最近の作品が岩波少年文庫から映画化しているということは、感動体験を共有する読書!が姿を変えたということで、岩波の思想にあっているように思う。

  • 岩波運子は単品としてではなく、その奥行gあある体系によって価格が設定されていた。しかし大衆社会の平準化された文化消費者がこの古典の体系という論理に納得するとは思えない。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1960年 広島市生まれ。1989年京都大学大学院博士課程単位取得退学。東京大学新聞研究所・社会情報研究所助手、同志社大学文学部助教授、国際日本文化研究センター助教授などを経て、現在、京都大学大学院教育学研究科教授。専攻、メディア史、社会教育学。著書に、『現代メディア史』(岩波書店)、『「キング」の時代』(岩波書店、日本出版学会賞受賞、サントリー学芸賞受賞)、『言論統制』(中央公論新社、吉田茂賞受賞)、『増補 大衆宣伝の神話』(ちくま学芸文庫)、『青年の主張』(河出ブックス)など。編著に『日本の論壇雑誌』(創元社)、『ヒトラーの呪縛―日本ナチカル研究序説』(中公文庫)などがある。

「2017年 『欧州各国に於ける国家革新運動』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤卓己の作品

ツイートする