誰がネロとパトラッシュを殺すのか――日本人が知らないフランダースの犬

制作 : ディディエ・ヴォルカールト  アン・ヴァン・ディーンデレン  塩ア 香織 
  • 岩波書店 (2015年12月11日発売)
3.11
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 57人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000610858

作品紹介

イギリス人作家が、なぜフランダース地方を舞台に悲しい物語を書いたのか。本国ベルギーでは、なぜ人々に受け入れられなかったのか。アメリカで作られた5本の映画は、なぜハッピーエンドに書き換えられたのか。日本にはどのように紹介され、1975年のテレビシリーズはなぜ大成功したのか。そして、悲しいストーリーの『フランダースの犬』が今も日本で愛され続けている理由とは。

誰がネロとパトラッシュを殺すのか――日本人が知らないフランダースの犬の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ベルギーと日本の相違に驚く。「キリストのヨルカに召された少年」(ドストエフスキー)や『車輪の下』(ヘッセ)はどうなのだろう? 図書館本。 92

  • 原作の意図とは異なる解釈で、ラストシーンが描かれていたとは知らなかった。キリスト教的な、天に召されて救われるという事ではなかったとは・・・。文学は、異なる文化的背景により、解釈されていく。それはそれで、正しいあり方なのではないかと思う。

  • フランダース地方、雪、ほとんど、降らない。

    思わず片言になるくらいの衝撃。
    えええーそれじゃあネロとパトラッシュは何であんな目に?!
    その答えはここに。
    その先、作者の生涯もなかなかに劇的。
    しかしこの本、書いたのはフランダースの方なのだけど、小説と実際の環境だけでなく、アメリカの映画版、そして日本のアニメ版との比較もされている。
    連続アニメについては、1話ごとに内容を書く熱の入れよう(日本のアニメ大好きな方らしく)。
    実は私はあのラストシーンとオープニングくらいしか見たことがないのだけど、よくわかりましたありがとう。
    フランダースでこの作品を観光に活かすかどうかという章は、なかなか考えさせられる。
    観光したがる日本人は毎年大勢行くそうなのだけど、フランダースの人からすれば、過ぎた昔の貧しい暮らしを掘り起こされるなど迷惑だし、あちこちオランダと混同しているし、ていうかまずその作品知らないし!だそうで。
    確かに、日本も今更サムライハラキリで何でか中国風の飾り付け、なんて映画を見たら叩きまくるだろう。
    むしろ、アニメの幻想だけでそれを求めて観光に行くのがちょっと幼稚なのかも…いや、私も知らなかったら見たいと思うけど。

    ところで、かなり強いこのタイトル、あまり内容に合っていない気が…。
    最後の日本の方の解説には沿ってたけど。
    この解説が私には一番面白かった。
    ハッピーエンドに改変した翻訳もあったとは!

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
ピエール ルメー...
宮下 奈都
村田 沙耶香
本谷 有希子
V・S・ラマチャ...
アンソニー・B・...
J・モーティマー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

誰がネロとパトラッシュを殺すのか――日本人が知らないフランダースの犬はこんな本です

誰がネロとパトラッシュを殺すのか――日本人が知らないフランダースの犬を本棚に登録しているひと

ツイートする