「意地悪」化する日本

  • 岩波書店 (2015年12月16日発売)
3.76
  • (2)
  • (15)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :106
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000610988

作品紹介

「正直・親切・愉快」な日本を取り戻す。

「意地悪」化する日本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 安倍晋三とか橋本徹とか、なんかうさん臭くて好きになれなかった。本書を読んでおよそその理由がわかった。昨日と今日と違うことを言っていても平気なんだ。根拠があいまいなことも、自信をもって大きな声で言ってしまう。そうするとそれが真実のように聞こえてしまう。そういうことを肌で敏感に感じ取っていたのだと思う。自分の中で、でもな、こういうこともあるよな、とか思ってしまうと、自信をもってはっきりと人を説得することができない。気が弱いというのか、正直というのか、それを誠実と言っていいのかなあ、などと考えながら、でも、それって、悪いことではないよなあ、なんて思いながら本書を読んだ。「正直・親切・愉快」な日本を取り戻す。と帯にはある。愉快という部分がもう少しなんとかなればいいなあ、今年はそういう年にしようと思う。

  • 返す言葉が無いなぁ~(結構イジの悪い私でした)

    『「意地悪」化する日本』moreinfo - 岩波書店
    編集者からのメッセージ
    http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0610980/top.html

  • 2015年12月第1刷発行、安倍一強の自民党や、大阪都構想で住民投票を行い、結果、政治家を引退した橋元徹の行動パターンから、その心性を看破する。ふたりの共通点は幼児的で攻撃的で不寛容。言葉はその場しのぎ。なるほど、内田樹氏のアンチ親米の立ち位置や解説にいつも納得させられる。確信的な反知性主義者とは正鵠を得た表現だろう。
    もうミニ政党に成り下がってしまった社民党の福島みずほとの対談という形で進む本書は、よくいうとリベラル、いい子ちゃん、ええ恰好師な社会主義色も強い。今の大人は学校や部活や会社にしても、民主主義とかけ離れた社会に慣れきっているというのも、言われてみれば、そうなのだと思う。文化系のゆるい部活やサークル出身の僕のような男がイマイチ、会社縦社会に馴染めなかったのも、素因があったんだという今さらの発見(時すでに遅し)。
    本書の対談は2015年の秋ごろに行われたものらしく、その夏に安全保障関連法案の採決された様子や反対運動のことにも触れられている。翌2016年は安倍一強を阻止するために野党が共同戦線を張って、参院選を戦おうというところで本書は終わっている。その参院選でも安倍一強は止められず、明くる2017年は森友に加計と自らの驕りが招いたエラーで支持率が低下したものの、すわ政権交代かとの思いもよぎった2017年10月の解散総選挙は安倍自民の圧勝で終わった。国民の信託を得て、消費税が10%になるのは致し方がないとして、憲法改正、国が晴れて交戦権を持つことはやはり避けては通れないのだろう。
    この国はアジア諸国の追い上げで家電製品はもう競争力を持たない。されば、武器輸出でもしないと本当に経済が持たないのかもしれない。
    内田氏の説く「もっとも弱い者が、自尊感情を持って、愉快に生きることができる制度」がもはやファンタジーとなってしまったのだろうか。日本政府が国ではなく、株式会社化を目指しているという指摘は実感するが、そのことに違和感も感じない選挙民が日経平均を上げる安倍政権を信任した当然の帰結だったのだろう。

  • いつか、そう遠くはない未来の、学校の社会の時間に、

    「史上最悪の総理大臣」という説明を受けながら、現首相の名前を暗記している学生が、

    「しかしなんで、こんなどう考えてもくるっている選択を、国民は許してたんだろうかね。バカだったんじゃね?ま、とりあえずこーならないように勉強しとこっと。」とか言いながらテスト勉強なんかをしてるんだろうか。


    第2次世界大戦のドイツのときみたいだ。
    世界史で習っているときは、「なんでこんな人が受け入れられたのか」と疑問に思いながらも事項を暗記していくという。


    歴史は繰り返す。そういうけれども、

    私の日々生きる糧を稼ぐ行為よりも、明らかに人の生き死にが関わってくるような重要事項を決定する人間が、頭が良く、大綱的に物事をとらえられる人間であるという前提を、裏切らないでほしい。

    知性ある人間の行為を、務めあげるくらいの器を見せるオトナであってほしい。

    子供じみた言動を、メディアで発信することが、次世代の目に触れさせることが、「それでいいんだ。」というメタメッセージを洗脳のように垂れ流しているという事実を、もっと深刻にとらえてほしい。

    私の世代ではもう間に合わないかもしれない。私は貧困をかみしめて死んでいくかもしれない、でも、せめて私たちの次の世代くらいは、新しくよりよく生きられる方向に、少しでも多くの人が目を向けられる環境であってほしい。


    私は多くを、望みすぎでしょうか。

  • 内田樹と福島みずほの2015夏の対談。

    最後の方で、「民間ではありえない」という考えを国家や自治体の運営に持ち込むことがナンセンスだという話が出てきた。おお、ですよね。

  • 二年前に上梓された本ではあるが、ここで語られていることは、些かも賞味期限の切れたものとはなってはいない。
    それは、日本の政治をめぐる現状を話題にしつつも、その根本にある私たちが忘れてはならないこと、これからも大切にすべきことが語られているからだ。

  • 2015年といえば、前年には特定秘密法案が強行採決され、福島みずほさんが敢えて「戦争法案」と呼ぶ安保法制の審議が行われた年。国会は何度も紛糾したが最終的に「かまくら」と言われる状況で9月に強行採決された。
    本書が出版されたのはその直後の2015年12月。今読んでも、当時の国会が如何に異常であったか、そして今もそれが続いていること(もしかするともっと酷いこと)がよく分かってうんざりする。
    ただ、今年に入ってから「森友学園」での不可解な動きが明らかになり、安倍内閣の手法に疑問を感じる人が出てきた。現段階では全容解明には程遠いが本書には「正直・親切・愉快」な未来のために、ひとりひとりがどうあるべきか?考えるヒントが詰まっているようにも思う。諦めず希望を持って行動する勇気が湧く。

  • 内田先生のいつものお話だったが、何度でも言って欲しい、何度でも聞きたい。
    こう言ってはなんだけど、福島さんは全くジャマにならなかった。
    「悪は必ず滅びる」「盛者必衰の理」内田先生の予言が1日も早く当たりますように…

  • 一年前の本。参議院議員選挙が気になります。

  • 哲学者の内田樹と政治家の福島みずほが、安倍政権について語り合った対談集だ。
    見事なまでに安倍晋三への批判一辺倒。すべてをうのみにするわけではないけれど、確かになと頷ける面もあり、興味深かった。

    安倍政治・橋下政治がルサンチマンを抱えている、というくだりや、日本の政治が株式会社化(目先の利益を追って採算の合わないものは切り捨てる)しているという話、決して最貧だったわけではないのに自分たちが恵まれていないと感じる風潮、日韓(中も?)が米国の寵愛を競い合っている外交政策、というくだりなど、なるほどと思う。

    読んでいて思ったのは、日本にいて、日本のテレビやネットニュースを漫然と見ているだけだと海外のニュースって本当に入ってこないなということ。特にEUの情勢とか、ドイツが世界的にどれだけ力を持っているかとか、日本は世界的に見てどういう評価なのか、とか。この島国・ニッポンな感じはあえて統制されているのか文化的なものなのか。

    いずれにせよ、政治に疎いままでいてはいけない、能動的に知らなくてはいけない、ということを強く感じる。
    本作の中で繰り返し「ターニングポイントになりうる」と語られる参院選、ちゃんと考えようと思う。

全23件中 1 - 10件を表示

内田樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
エラ・フランシス...
恩田 陸
内田樹
内田 樹
西 加奈子
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

「意地悪」化する日本を本棚に登録しているひと

ツイートする