ドキュメント 死刑に直面する人たち――肉声から見た実態

著者 :
  • 岩波書店
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000611015

作品紹介・あらすじ

極めて情報の制限されたなかで絞首刑が執行される、日本の死刑制度。密行主義とよばれるその制度は、たびたび批判されながらも、実態の見えぬまま依然として強く支持されている。だが実際に「死刑」という現実に向き合わざるを得ない人たちのあいだで日々営まれていることとは何なのか。死刑囚にアンケート調査を行い、加害者と被害者の家族、刑務官、弁護人、法務官僚など、死刑に関わる人たちの声に耳を傾けることにより、死刑がはらむ問題の核心と周辺をなまなましく可視化する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016年4月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
    通常の配架場所: 開架図書(3階)
    請求記号: 326.41//Sa85

    【選書理由・おすすめコメント】
    普段まったく関わることも考えることもない死刑や死刑囚の話は興味深いと思ったから。
    (薬学科)

  • 死刑について思いを寄せることができた。
    絞首刑は残酷。終身刑も残酷。人が人を裁くのはむつかしい。

  • 本書は、死刑が必要だと思う人にこそ読んでほしい。無期懲役になっても10年で出所できる、などと思い込んでいる人は少なくない。まずは現実を知ることだ。執行場面を見ることは適わなくても、死刑囚や被害者、加害者の家族などの肉声に耳を傾けることはできる。

  • 死刑囚や死刑に携わる人とコンタクトをとって語られる「死刑」の姿。

    残虐の限りを尽くした犯罪者はすぐに死んでほしいと思う。それに服役している限り、彼らは税金で命をつなぐことになる。それも許せない。
    だけど、罪のない人間が死刑囚を殺すことに、大きな歪みを感じる。

    あとはよく目にする「終身刑はうまくやれば15年くらいで仮釈放になる」というのは刑法上は間違いないけれど、現実的には珍しい運用だということを知ることができた。

全4件中 1 - 4件を表示

佐藤大介の作品

ツイートする