偽装の被爆国――核を捨てられない日本

著者 :
  • 岩波書店
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000612210

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・開架 KW/2017//K

  • 共同通信社編集委員を務める著者。先日「サンデーモーニング」のコメンテーターとして出演されていて、その時の話しの明快さにひかれて最新著を購入しました。

    丁寧な取材をもとに被爆国として果たすべき役割に背を向け続ける日本の実態が、克明に描かれています。現政権の核兵器禁止条約に背を向ける対応についても、国民からの批判に耳を傾けない態度の背景にある状況がよくわかりました(原発輸出や再稼働に突き進む方向も)。タイトル通りまさに「偽装の被爆国」、アメリカの核の傘を前提とした間違った政策を改める必要があります。

    その選択ができる日(第48回衆議院選挙・10月22日投開票)まであと1週間です。みんなで「偽装」を見破りましょう。

    お勧めの一冊です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

太田 昌克(共同通信編集委員、RECNA客員教授)

「2018年 『核の脅威にどう対処すべきか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太田昌克の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン ワ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする