書物の宮殿

制作 : 宮下 志朗 
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000612234

作品紹介・あらすじ

「待つこと」が大きな役割を果たしている小説とは。作品理解に作家の「私生活」を知るのは有効か。広く芸術における「未完成」とは。さらには、「書くこと」とは生きる理由となるのか-。1919年生まれの現役作家が、同時代の作家たちや様々な古典から、親しい友人の声を聞きだすようにして想いを自在に巡らせた9本のエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『「書くこと」とは生きる理由となるのか』とあるけど、生きる事に理由を求めても、、、
    じゃぁ『「政治家」は必要悪なのか?』って訊かれたら(考えたくない)

    岩波書店のPR
    1919年生まれの現役作家が,同時代作家や様々な古典から,友人の声を聞きだすようにして,書くことと生きることをめぐって綴る.
    https://www.iwanami.co.jp/book/b313848.html

全1件中 1 - 1件を表示

ロジェ・グルニエの作品

ツイートする