欧州統合は行きすぎたのか(下)――国民国家との共生の条件

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : G.マヨーネ
制作 : 庄司 克宏 
  • 岩波書店 (2017年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000612258

作品紹介

EUと単一通貨ユーロは、なぜ危機に直面したのか。オルタナティブはどこにあるのか。EUに関する理論研究の大家が、経済学、経営学、社会学、国際政治学、法学、歴史学等にわたる深く豊富な知見にもとづき、各分野の研究成果を「統合」して全体像を示す。下巻では、主に従来の「モネ方式」に代わる統合手法の可能性を多角的に論じる。そこで前提となるのは、グローバル化や地域統合にもかかわらず依然として死活的に重要な「国民国家」の協調的競争である。

欧州統合は行きすぎたのか(下)――国民国家との共生の条件の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東2法経図・開架 333.7A/O78o/2/K

全1件中 1 - 1件を表示

G.マヨーネの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・J・...
有効な右矢印 無効な右矢印

欧州統合は行きすぎたのか(下)――国民国家との共生の条件を本棚に登録しているひと

ツイートする