ニッポン放浪記――ジョン・ネイスン回想録

制作 : 前沢 浩子 
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000612340

作品紹介・あらすじ

戦後文壇がその絶頂期を迎えていた1960年代、ニッポン。著者は最も才能ある作家たちと親しく交わり、三島由紀夫、大江健三郎ら時代の寵児たちが生み出す作品を翻訳、世界にその作品世界を知らしめていく。翻訳家、映画監督としてマルチな才能を武器に日本中を駆け回ったジョン・ネイスンよる日本文学の黄金時代、そして日米文化交渉の生きた証言録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【新着図書ピックアップ!】
    ライシャワーに日本語を学び、1960年代日本文学の作家たちと親しく交流し、三島由紀夫、大江健三郎の作品を翻訳して世界へ知らしめたネイスン。翻訳だけでなく、映画監督であり、エミー賞受賞者。かつては舞台に立ち、水谷八重子(初代)と共演したことも… そんなマルチな著者の回想録です。
    ちなみにICUでも教鞭を取ったことがあり、帰国するネイスンにM氏はサインをもらったそうな!!!

全1件中 1 - 1件を表示

ジョン・ネイスンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
澤田 瞳子
西 加奈子
辻村 深月
池上 永一
クロード・レヴィ...
トマ・ピケティ
瀬戸内 寂聴
京極 夏彦
平野 啓一郎
スティーヴン ワ...
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする