哲学がわかる 形而上学 (A VERY SHORT INTRODUCTION)

制作 : 秋葉 剛史  北村 直彰 
  • 岩波書店
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000612401

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 机とはなにか
    円とはなにか
    全体は部分の総和にすぎないのか
    変化とはなにか
    原因とはなにか
    時間はどのように過ぎ去るのか
    人とはなにか
    可能性とはなにか
    無は存在するのか
    形而上学とはなにか

    答えはなく、ただ投げ出される。 考え方のヒントだけ与えられて。

  • 著者:スティーヴン・マンフォード
    訳者:秋葉剛史
    訳者:北村直彰

    【版元】
    本体1,700円+税
    刊行日:2017/12/14
    9784000612401
    四六 並製 カバー 200ページ 在庫僅少

    「形而上学」とは哲学の核であるが,問いそのものが大きすぎて,取りつきにくいのも事実だ.本書は,「時間とは何か」「性質とは何か」といった形而上学の抽象的な問いについて,それらの問いの意味を平易に解きほぐしながら,哲学としてこれらを考察する際にどんなことが問題になるのかを,ポイントを押さえて大まかに示す入門書.
    https://www.iwanami.co.jp/smp/book/b330637.html

全2件中 1 - 2件を表示

スティーヴン・マンフォードの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする