「投壜通信」の詩人たち――〈詩の危機〉からホロコーストへ

著者 :
  • 岩波書店
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000612555

著者プロフィール

1962年、丹波篠山市生まれ。京都大学教授。2014年より大阪文学学校校長。
詩集:『沈むプール』『バイエルの博物誌』『言葉の岸』『ホッチキス』『家族の午後』
   『闇風呂』
主な詩評論書:『アイデンティティ/他者性』『言葉と記憶』『永山則夫』『ディアポラ を生きる詩人 金時鐘』『石原吉郎』『「投壜通信」の詩人たち』ほか。

「2020年 『ほとぼりが冷めるまで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細見和之の作品

ツイートする
×