ダムナティオ・メモリアエ つくり変えられたローマ皇帝の記憶

著者 :
  • 岩波書店
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000614283

作品紹介・あらすじ

ローマ帝国では「悪帝」とみなされた皇帝にまつわる記録や彫刻の削除・改変が、広く行われていた。ダムナティオ・メモリアエと呼ばれるそうした記憶抹消行為は、なぜ、どのようにして行われたのか。文献史料の記述と碑文や彫像等に残された攻撃の痕跡を元に綿密に論じる。現代にも示唆を与える、記憶をめぐる古代史。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 記憶をめぐる歴史研究というと、最近活発になってきていますが、ローマでは記憶や記録にまつわるものを抹消するという制裁が存在しました。後世になって「ダムナティオ・メモリアエ」と呼ばれていますが、それが帝政前期にどのように展開したのか、それを明らかにしていきます。

    https://navy.ap.teacup.com/book-recommended/592.html

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする
×