武漢支援日記――コロナウイルスと闘った68日の記録

著者 :
  • 岩波書店
2.86
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000614320

作品紹介・あらすじ

春節のごちそうも食べかけのまま、新型コロナウィルス防疫の最前線、緊急事態下の武漢に派遣された呼吸器専門の女性医師。最重傷患者の担当として分厚い防護服に身を包み連日長時間の診療に当たる。日々の奮闘や苦労、仲間との励まし合いを、遠く離れた上海の家族や同僚への通信として綴ったインターネット日記は、パンデミックに対処した現場の希有な記録となっている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新型コロナウイルスが猛威を振り始めた中国武漢で2020年の1月末から3月末まで、上海から医療チームの一員として武漢の病院に派遣され、68日間治療にあたった女医の記録。現地でWeChatにより記録されたり、録音された状況報告を中国共産党仁済医院委員会の広報部に送ったものをもとに書籍されたもののようです。翻訳も中国の方のようで訳語も中国語っぽい感じ、それはそれで味があります。
    当初日本は中国のコロナ騒ぎを対岸の火事のようにみていましたが、すでに感染者数で中国を追い抜いてしまいました。
    それは日本が中国のように厳しいロックダウンをしていないからでしょう。
    本書は医療現場でまさにERのような現場の様子を生生しく伝えています。ただし広報部に送った文章だけに医療のこともそれほど詳しくは書かれていません。防護服の脱ぎ着のこと、睡眠時間、きばらし、食事、大変な中でのイベントが紹介されています。
     一番印象にのこったのは共産党の影響力の大きさ。無私の精神、国民全員を家族と考える考え方、決して誇らず、また怠らない、上からの命令指示は中実に実行しようとするなど、箸の上げ下げにまで共産党精神がいきわたっているように見受けられました。日本で中国共産党に関する著作物をみると闇の側面がとりあげることが多いのですが、こんなにも中国共産党の力及んでいるとは驚きでした。そして、中国のコロナ対策の成功に中国共産党という組織の組織力があったこそであることがよくわかる本でした。
    「臨時党支部は、メンバー一人一人の思想状況に関心を持ち、思想教育をしっかりと行い、メンバー全員の精神状態を把握しなければならない、ということだった」」
    という記述が印章に残った。思想状況も精神状態もあんまり把握されたくないなぁ。

  • 選書番号:356

  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00609049

    春節のごちそうも食べかけのまま、新型コロナウィルス防疫の最前線、緊急事態下の武漢に派遣された呼吸器専門の女性医師。最重傷患者の担当として分厚い防護服に身を包み連日長時間の診療に当たる。日々の奮闘や苦労、仲間との励まし合いを、遠く離れた上海の家族や同僚への通信として綴ったインターネット日記は、パンデミックに対処した現場の希有な記録となっている。(出版社HPより)

  • 東2法経図・6F開架:498.6A/Z3b//K

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
カズオ・イシグロ
イーユンリー
川越宗一
桐野 夏生
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×