都立松沢病院の挑戦: 人生100年時代の精神医療

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000614337

作品紹介・あらすじ

「患者のために働き、公務員として納税者を納得させる仕事をする」が信条の医師、日本最古の精神科病院で唖然とする! 松沢病院140年の歴史と、直近9年間の奮闘—患者の行動制限最小化、身体拘束ゼロ、地域を支え地域に支えられる病院を目指す—の記録から、10年遅れの日本の精神医療の前に立ちはだかる壁を指摘、将来を展望

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/538170

  • 東京の生まれ育ちではないこともあって都立松沢病院をそもそも知らなかったし精神科の医療についても全く知らないので読んでみよう、くらいの気持ちで手に取ってみた。病院そのものの歴史と民間の病院から都立病院に院長として移られて進められた改革の中身について、自分のような素人にも分かりやすく説明されており単に読みものとしても楽しく読めた。優生保護の名のもとに行われた蛮行なども包み隠す書かれているところが素晴らしい。個人的には多様性こそがあらゆる力の源泉だと考えており、多様性を受け入れられない社会は早晩衰えると思っている。その意味でリーディングホスピタルではなく最強の後衛になりたい、という宣言が素晴らしく響いた。正直、日本という国や東京都という自治体に幻滅させらることが最近多いのだけど自分たちの社会も捨てたものではないと思わせられました。これはおすすめです。

  • 2月新着
    東京大学医学図書館の所蔵情報
    http://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_link/bibid/2003540469

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京都立松沢病院名誉院長

「2021年 『松沢病院発!精神科病院のCOVID-19 感染症対策』 で使われていた紹介文から引用しています。」

齋藤正彦の作品

ツイートする
×